寒いですね。

まだ、ここを閉鎖していなかったので。

たまには、こっちでも。


仕事じゃないことは、こちらのうほうが、書き込みしやすいかも。


まあ、それって、気分の問題なのですが‥‥。

インフルエンザ、大流行のようなので、気をつけたいですね。

うがい手洗いが、マスクかな。

メモ書き。

お母さんと泊まったホテルにまた泊まっています。
お母さんは今回はいないけど、弟の小さな赤ちゃんがいます。
タマエおばあちゃんに会わせることができました。
94歳のひーおばあさんとひ孫の様子は言葉にならない幸せでした。
弟嫁もたくさんの家族に会えて少しほっとした様子でうれしそうでした。
いきなり現れた弟のたくさんのいとこたちを優しく受け入れてくれました。
九州のみんなにお礼を言いたいです。
お母さん、安心してください。

昼寝。

心の中が、ざわざわ。

じっとしているべきだと、お腹の中から聴こえてくる。

静かにしていたい。

映画もみたくない。
本も読みたくない。
誰とも話したくない。

何も知りたくない。

ただじっと、眠っていたい。

おこさないでちょうだい、よ。

ずっと眠って、目が覚めたら、世界と別れの時だったらいいのに。

そうは、いかないの。
そうは、いかない。

でも、あきるまで、ベットのうえにまるまっていたい。
だれも、迎えにきてくれないのは、もう知っている。

ちゃんと、むくっと、おきあがれるから、きっと。

だいじょうぶなんだよ。

きっと。

いまだけ、まるまっていたいのだ。

さようなら、そのこと。

誰とも、共有できないのかもしれない。

悲しみの共有も、喜びの共有も、同じ。

でも、したい。

だからこそ、最大公約数の世界を作ってみせるのでは、ありませんか?


作家の皆様。

なつばて。

今日は月命日。

はや、4ヶ月。

その日から、離れていくことは、母の身体と離れていくようで。


両腕の中、私の身体は、空っぽになっていってしまうようで。


再生など、望まないような、私がいると、思うのは、父の時と一緒。

そんな自分は、嫌で。

でも、他に頼りがない。

ただ、それだけの、喪失。


抱きしめるという、意味。

梅雨ですね。

母の姿がみえない暮らしにも、少し慣れてきたようにおもう。
それでも、寝る前には、きょうあんなことや、こんなことがあっとよ、報告したくなる。
朝起きれば、おはようって、仏壇に手を合わせるけれど。
いってらっしゃーいの声は、心の中で自分で呟く。

お母さん。

母がお仕事でお願いしていた、不動産屋に合いにいったら、まったく関係ないのに、私の何かのインターネットの記事が、母のファイルに挟まれていた。
それどうしたんですか?ときいたら、とても喜んでいて、プリントアウトしてきてくれたんです。
顔が火が出るほど、恥ずかしかったけど、喜んでいてくれたんだと、嬉しかった。

おかーさーん。

何回呼んでも、いない。
ぎゅうって、ぎゅうって、したい。


大丈夫かもって、思っていたけどなぁ。

全然、大丈夫じゃないし、

自分の居所がなくて、消えてしまいそうだ。

ははのいどころ。

おかあさん、いまどこにいるんだろう。
hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments