スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「しごととわたし」展

IMG_0935.jpg


『 しごととわたしたち展 』1周年の記念展示開催中。

渡辺真起子の「しごととわたし」は第4号でした。

原宿のロケットさんでの初「しごととわたし」展の時には、「渡辺真起子」を展示するという、面白い体験をさせて頂きました。その場所で、母と最初で最後?のトークショーなんて、してしまったのですよ。

そして、あっというまに1周年。
12ヶ月、12人の女性の様々な「しごととわたし」
どうぞ、ぶらりと覗いていってください。

編集・梶山ひろみ さん
hiromikajiyama.tumblr.com

デザイン・柏岡一樹 さん
hallelujah-d.com

写真・岩本良介 さん
ryosukeiwamoto.com

『しごととわたし』展
会 期::2013年5月10日(金)〜 5月24日(金)
開廊時間:(平日)11:00〜19:00(土)11:00〜17:00(日・祝日)休み
場 所: ギャラリー山陽堂
お問い合わせ先:〒107-0061 東京都港区北青山3-5-22 山陽堂書店 (T:03-3401-1309)
スポンサーサイト

津々浦々、絶賛上映中だったり。

IMG_0786.jpg


映画が旅をしています。

今宵は→
東京UPLINKにて再上映中の小谷忠典監督作品「ドキュメンタリー映画・100万回生きたねこ」本日が最終日となります。
雨の気配ですが、お時間ありましたらぜひ。
前作「LINE」との併映です。
夜の回には、監督と文月悠光さん(詩人)のトークがあります。

小谷忠典 監督作品「ドキュメンタリー映画・100万回生きたねこ
福井  メトロ劇場 0776-22-1772 4月27日(土)~        

廣木隆一 監督作品「だいじょうぶ3組
秋田  イオンシネマ 大曲   0187-66-3781 5/25から上映       
東京  角川シネマ新宿     03-5361-7878 5/11から上映        
    TOHOシネマズ 西新井 03-5888-1040  5/17 まで
千葉  旭サンモールシネマ   0479-62-5415  5/25から上映  
兵庫  宝塚シネピピア     0797-87-3565 5/25より上映       
岡山  岡山メルパ       086-221-0122 5/11より上映
広島  シネフク 大黒座    084-932-3381  5/18より上映
鹿児島 天文館シネマパラダイス 099-216-8833 5/17 まで

内田伸輝 監督作品「おだやかな日常
広島  シネマ尾道       0848-24-8222 5/11より上映
    福山駅前シネマモード  084-932-3381 5/11より上映

三宅唱 監督作品「Playback
京都  京都シネマ      5月4日(土)〜5月24日(金)
福岡  KBCシネマ      5月11日(土)〜5月24日(金)
高崎  シネマテークたかさき 6月8日(土)〜6月21日(金)
浜松  シネマイーラ      7月20日(土)〜7月26日(金)

中野量太監督作品「チチを撮りに
北海道 シアターキノ 011-231-9355 近日公開
山形  MOVIE ONやまがた       6月29日[土]~
新潟  十日町シネマパラダイス     近日公開
石川  シネモンド  076-220-5007 近日公開
京都  京都シネマ  075-353-4723 近日公開
広島  横川シネマ  082-231-1001 近日公開

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭企画
バナナvsピーチまつり 10人の監督達による短編作品
K'sシネマにて<バナナvsピーチ☆フェスin新宿>レイトショー!!!
詳細はコチラ→「バナナvsピーチまつり
2013年6月8日~14 日
渡辺参加作品
加藤行宏監督「ラジオデイズ」
熊谷まどか「世の中はざらざらしている」

土屋豊 監督作品「タリウム少女の毒殺日記
渋谷 UPLINK にて 2013年7月6日 公開!!全国 順次公開予定〜!

全国、津々浦々という感じです。
お近くで、上映の際には、上映時間をご確認のうえ、ぶらりとお寄りください。
各地、トークイベントなど開催の作品もございます。
映画の日や、レディースデイなど、各劇場での特典などもあるかと思います。
是非、ご活用くださーい。

どうぞ、宜しくお願い致します。

お知らせまとめてで、す、すいません!!

IMG_0325_20130204015549.jpg


「ばななとグローブとジンベイザメ(画)」
2/6日、銀座シネパトスにて、最後の回の上映後、
矢城潤一監督、大城英司プロデューサー、渡辺真起子で、トークします。
ぜひ、この機会にご来場下さいませ。


それぞれの作品が、全国にて公開中です。
どうぞ、お近くの皆様、劇場へ!!

三宅唱監督作品『PLAY BACK』絶賛公開中
小谷忠典監督作品 「ドキュメンタリー映画・100万回生きたねこ」公開中!
内田伸輝監督作品「おだやかな日常」全国公開中!

2/2日より、銀座シネパトスにて
矢城潤一監督作品「ばななとグローブとジンベイザメ(画)」
公開が始まります。

2/16より、新宿武蔵野館にて、
中野量太監督作品「チチを撮りに」公開。全国順次上映が決まっています。

そして、現在、生・渡辺真起子!!

作・ケラリーリノ・サンドロヴィッチ 演出・蜷川幸雄
「祈りと怪物 - ウィルヴィルの三姉妹 - 」出演中
渋谷 Bunkamura コークーン 1/12 - 2/3
イオン化粧品 シアター大阪 Buraba 2/8 - 2/17 上演

帰国早々。

ばたばた。
釜山の上映環境がけっこうよくて驚きだったなどと、考えつつ次の準備。
バタバタ。バタバタ。

まずは、16日、「私たちの宣戦布告」渋谷ルシネマへ!!
19:20回、上映後、トークします!サービスデー1000円!!
是非、ご来場くださいませ。

第25回東京国際映画祭
土屋豊監督作品「GFP BUNNY」の上映日は下記の通りです。

TOHOシネマズ 六本木ヒルズ Screen3(両日とも)
10/22 13:15- 10/26 20:15-
どちらの上映も監督&俳優陣の舞台挨拶がございます。

TOKYO FILMeX 2012 / 第13回東京フィルメックス
11月23日〜12月2日

内田伸輝監督「おだやかな日常」
有楽町朝日ホール
11/29 18:40〜 上映前に舞台挨拶、上映後、Q&Aがございます。

東京国際映画祭、オープニングに参加いたします。

見応えのある作品がたくさん上映されます。是非、劇場へ!

『わたしたちの宣戦布告』トークイベントが10/16 に決定!

385605_157786401028764_1477416344_n.jpeg

先日、台風の影響で中止となったトークイベントの振替日が、

10/16(火)

に決定いたしました!

しかも!!サービスデーにつき、一律1000円でご覧いただけます!!
是非みなさまお誘い合わせの上、ご来場ください!

日時:10/16(火) 19:25の回上映終了後
ゲスト渡辺真起子(俳優)
会場:渋谷Bunkamuraル・シネマ(渋谷区道玄坂2-24-1ル・シネマ 6F)
料金:1000円(映画上映+トーク)

ずえひ!ご来場下さいませ!!

速報・9/30 本日、ル・シネマ でのトークショー中止です!

がーーーーーーん!

台風親分のご到来により、本日、渋谷 ル・シネマ 「私たちの宣戦布告」アフタートーク、

中止となりました!

ご予定に組み込んで頂いていた皆様、この度は本当に申し訳ございません。

ただし、映画の上映は通常通りにございますが、チケットの払い戻しができるようなので、
どうぞ劇場、アップリンクで、ご確認ください。

ル・シネマ 03-3477-9264
アップリンク 03-6825-5502

台風親分の直撃、ご通勤、ご通学、の皆様、どうかお気をつけてお帰りください。

残念でなりません。

「私たちの宣戦布告」がたくさんの方々に届きますことを、心から願っております。

上映はありますよーーーーー!

本日、ル・シネマ!

おはようございます。

晴とりますが‥‥。

いまは。

本日の、「私たちの宣戦布告」19:20〜 渋谷ル・シネマ

なかなかな、お天気予報の感じもありますが。

どーーーーーーーーーーーぞ、ご来場を!

「私たちの宣戦布告」トークショー。

385605_157786401028764_1477416344_n.jpeg

現在、全国上映中のわたしたちの宣戦布告

あたい、渋谷のル・シネマにて、
トークします。

この作品がとても好きです。
難病ものというような括りになっていますが、そういうことだけではないように思います。

観て欲しい。

自分よりも若い世代の家族の物語ですが、
人生の捉え方を、語り合えたように感じました。
私の個人的な、人生のタイミングや好みなのかもしれませんが、
映画を観て、作品と「語り合えた」と感じることがある、あったなぁとジーンときています。

まあ、勝手な思いですが。いいでんす。個人的な感想ですから。


私は30日、日曜日 19:20分の回、上映後です。

ご来場頂いた皆様と、個人的な想いを突き抜けて、お話が出来ればいいなぁと思っております。

なんと!トークも付いて、1000円ポッキリ。

是非、ご来場下さい。

下記、詳細です。

パンフレット、映画の成り立ちをご一読頂けますと、さらに面白いです。
-----------------------------------------------
日程、ゲスト: 9/30(日)渡辺真起子さん(女優)
        10/2(火)Chocolat&Akito(ミュージシャン)
        10/7(日)山崎まどかさん(コラムニスト)

時間:19:20の回上映終了後
会場:渋谷Bunkamuraル・シネマ(渋谷区道玄坂2-24-1ル・シネマ 6F)
料金:1000円(映画上映+トーク)
-----------------------------------------------
女優の渡辺真起子さんには、女優であるヴァレリー・ドンゼッリについて、ご夫婦で音楽活動をされているChocolat&Akitoさんにはパートナーシップについて、乙女カルチャーを発信し続けるコラムニスト山崎まどかさんにはフレッシュな女性クリエイターたちなどについてお話いただく予定です!

しかも!!サービスデーにつき、一律1000円でご覧いただけます!!

是非みなさまお誘い合わせの上、ご来場ください!

第25回 釜山国際映画祭。

default.png

この度は、参加作品二作品が、10/4〜13日まで釜山にて開催されます、

第25回 釜山国際映画祭 にてワールドプレミアを迎えます。

Wide Angle ドキュメンタリー部門 コンペティション
小谷忠相監督 ドキュメンタリー作品「100万回生きたねこ」
作家の佐野洋子さんの「100万回生きたねこ」と佐野さんの最後の声、深く心に残ります。
日本での公開は、本年12月シアターイメージファオーラムから!

A Window on Asian Cinema 部門 コンペティション
内田伸輝監督作品「おだやかな日常」
「ふゆの獣」の内田監督の最新作品です。たった今のこの日本の暮らし。
ある風景を辛辣に描いています。
映画祭での上映日は5日、7日、12日。お近くにお寄りの際は是非、お寄りくださいませ。
日本での公開は12月22日(土)より、渋谷ユーロスペース、大阪シネヌーヴォ から!!
「おだやかな日常」公式Twitter

A Window on Asian Cinema 部門にはたくさんの日本映画が招待をされています。
小林政広監督作品「日本の悲劇」、ヤン・ヨンヒ監督作品「かぞくのくに」、
船橋淳監督作品「コールドブルーム」園子温監督作品「希望の国」、黒沢清監督作品「贖罪」

Wide Angle 部門 ドキュメンタリー ・ショーケース には
河瀬直美監督「塵」!!

New Currents 部門には
鶴岡慧子監督作品「くじらのまち」なんと、23歳の若い才能です。

若松孝二監督最新作「千年の愉楽」が、本年度の映画人賞を受賞されています!!
『海燕ホテル・ブルー』『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』『千年の愉楽』
と特集上映があります。

その他にもたくさんの作品が上映されます、日本では公開されない作品も数多くあるかと思います。

お近くにお寄りの際は、是非、映画祭へ!

活字の渡辺真起子。

ほら、自分で俳優だって言うのて、なんだかさ、憚られるじゃん。

役者です、でも、女優です、でも、なんでもいいんだけどさ。

「え〜、誰?知らね〜」って。

でもさ、宣言するのは自由じゃん。だってそうなんだもん。

そしてさ、知ってもらいたいなと、思うじゃん。

ちょっとだけ、私のこと。

「映画芸術」最新号(440号)7月30日、本日発売です。

440.jpeg


私にとって、思い入れの強いインタビューとなりました。
再びはない時間を感じながら、お話をさせて頂きました。

お近くの書店にて、是非お買求めください。

「映画芸術ダイアリー」公式サイト

フリーペーパー「しごととわたし」
配布がはじまっております。
若い男子女子、たった3人での手作りの読み物。
三人が、いま出来ること総てを使って、思ったように作っています。

配布先の詳細は公式サイトにて、お確かめください。
ユーロスペースにもございます。

「しごととわたし」公式サイト

私の仕事について。
まとめられた自分の言葉とポートレートと共に、自分は俳優である、あった、あるのか?
ふたつのインタビューを通して、小さな声で、私。「わたしのしごとは俳優です」
というの、ちょこっとでも受け止めてもらえたような、特別な作品になりました。


立ち読み禁止です。

いささか、大袈裟ではありますが。
今年の夏のインタビューや、「ギリギリの女たち」は、演じ手としての自分が、良いも悪いも、満ちるも、足りない何かも、強いも弱いも、なんもかんも全部を、ずいぶん曝しだしてしまっているような気持ちでいます。まあ、いつもなのかもしれませんが、何だか、この度は、特に強くそう思っているという感じでいる今日この頃です。だから、いまでも毎日、恥ずかしさに塗れていて、いまだ心が痛痒いです。
まあ、これも、いつものことで、本当に大袈裟だと思いますが。

細々とした私の俳優人生において、このような機会は多くないことと思います。

劇的で、エンターテイメントに語られる四方山話があるわけでもありませんし、
何をするにもノタノタしています。
ライター、記者、編集の皆様には、いつもお手間をおかけして本当に面目ないです。

それでも、この機会に、「俳優の渡辺真起子などについて」ご興味をもっていただけましたら、
幸いに存じます。

繰り返しますが、立ち読みは禁止です。

映画も、是非とも、映画館にてご覧いただけますことを、心から願っております。


そして、これにて、

日々の徒然、夏休みを頂きます。


※ 出演情報などは引き続き更新させて頂きます。乞うご期待です。



それでは、皆様、ごきげんよう!


猛暑、熱中症などにくれぐれもお気をつけください。




活字の渡辺真起子、また、いつの日か!


ま。
hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。