スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8日は、渋谷で。

今週土曜日12月8日より公開!!

「ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ」

初日の舞台挨拶をさせて頂きます。
初日11:00の回上映後/13:00の回上映前:小谷忠典監督と渡辺真起子。
以降すべての回(15:00の回/17:00の回/19:00の回)
上映後:小谷監督による舞台挨拶がございます。

是非ご来場くださいませ!
スポンサーサイト

「100猫」トリノへ。

T0015551.jpeg

小谷忠典監督作品「ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ」イタリアのトリノで開催される"第30回 トリノ国際映画祭"にて、初めて設けられたドキュメンタリー部門に出品されます。

一昨年、私は山崎裕監督作品「TORSO」と一緒にトリノへ行きました。
小谷監督は初めてのドキュメンタリー作品「LINE」という作品で。

会場でロン毛に水色のストールをした、小谷監督に話しかけられて、
そのままビールを飲みに行ったと思います。海外とのやり取りや通訳をやっていた光成さんも一緒に。

その日は、小谷監督のお誕生日で、そんな時に「次は何を撮るんですか?」
なんて迂闊に聞いてしまったことから、コトは始まってしまったのかも知れません。

私にとってこの作品は、小谷忠典の読んだ、「100万回生きたねこ」何だと思います。

佐野洋子さんの作品のなかでも、とても(ご本人曰く、めずらしく)売れたこの特別な絵本が、
多くの人達に愛され、読んだ人の記憶と一緒になり、その人の個人的な物語になっている事が、
この作品に参加して、とても納得し身体に染みたように思いました。
物語の読み方とでも言うような。


父の死が、まだまだ身体から離れないでいた頃に参加が始まり、
洋子さんがいなくなり、震災がありました。なんだか、大変だったのです。

先日、母から「100万回、死んだねこ」読んだよ〜と明るくメールがきました。

えっと、おかあさん、それは

「100万回、”生きた" ねこ」です。


何はともあれ、彼が再びトリノへ向かうというのは、しかも、そこに参加しているというのは、
大きな驚きと喜びであります。


観客を、友を、見つけに、


「ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ」


行ってらっしゃいませ,イタリアへ!


そして、帰ってきたら本邦初公開となります!


どうぞ、宜しくお願い致します。

「100万回生きたねこ」特報。

小谷忠典監督ドキュメンタリー作品「100万回生きたねこ

特報が出来あがったようです。

ただすけ。

KICX1666.jpg

西からやってきた若い監督。

出くわしたのは。2009年11月。

タイリア、トリノ国際映画祭。

その後、新しい作品に参加することになった。

ドキュメンタリーなんだけど。

私と黒い猫が暮らしていた、小さな部屋へ、ぶらりと来て、インタビューを撮られた。

いろんなことがあって、設定が追加されたり、なくなったり。

ある日、夜半に電話があり、北京へ連れて行きますと言われたり。

無謀だなと思いながら、参加した。
無謀なのは私だった気がする。

自分を撮影されながら、私も彼らのいろんな時間を眺めたように思う。
打合せを何度もさせて頂き、
時間をかけ、練り直され、て積み上げられて行くピース。


最初に出会った日には、こんなに長いご縁が、続くとは思いもしなかった。

今、2012年4月。

晴天に恵まれました、本日。ぼそぼそとアタイの最終作業してきました。


新しい作品が、良縁に恵まれ、たくさんの観客を見つけられ、優しく育って行きますように。

心から願っています。


アタイは、いつもの、ちょろりです。

北京の夕立。





北京というところは、めったに、雨が降らないのだそうだ。

朝から雨の、天気予報は外れた。

夕方から雨。


雷、ゴロゴロ。


明日の満月は、少しかけるのだそうだ。

お茶が、ガラスのコップで出てくる。

熱くて、持てない。

茶葉が開き、飲み頃になると持てるようになり、

ほほ~、と思う。

大失態。

ひ~~~~~~~~!!!


皆様、お知らせありがとうございました。

観ちゃった方は、知らないふりしてください。

北京。

ネットは繋がるのですが、ブログの更新とか、呟いたりとかが、できません‥‥‥‥。


お天気良いです。

北京は、ほぼ、夏。

打合せ。

IMG_1512.jpg


もろもろ、同時進行で、少々落ち着かない。

準備足りているのだろうか、無闇に不安。

アレシタリ、コレシタリ、ナンダリカンダリ。

本日は、プロットが改められてから初めての打合せ。

監督の顔がスッとしてきた気がする。

なぜだろかね。

大澤Pが率先して、冷やし中華を皆で作ってくれた。
手作りの食を皆で囲むってのは心が解れる。

さてさて、後は、身を委ねるのみだわね。




本日は雨。

数日続いた晴天に、梅雨を忘れていたのになぁ。



紫陽花がきれいなブルーになってきた。

IMG_1508.jpg


小谷くん

トリノで出会った小谷忠典監督のドキュメンタリーに参加。

自意識過剰な私には困難な注文。

過剰になり過ぎて、喋りながら気持ちが行方知れずになる。

今日は風が強いからしかたないとか言い訳しながら、少しずつほぐれていく時間を味わう。
hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。