スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演劇鑑賞「ショパロヴィッチ巡業劇団」

黒テント第68回公演 『ショパロヴィッチ巡業劇団』
10月14日(水)~22日(木)

セルビアを代表する作家、詩人のリュボミル・シモヴィッチ氏が1985年に書いた作品。
これまで、セルビアはもちろん、フランス、ドイツ、ベルギー、スイス、チェコ、スロバキア、ポーランド、マケドニア、トルコ、カナダ、韓国などなど世界各地で上演されているのだそうです。

面白い。本当に面白かった。
演出家のプロスペール・ディス氏、ご自身稽古中に「モグラ町1丁目」観に来てくれた。

できれば、テントとか野外で観たかったなぁ。

【作】リュボミル・シモヴィッチ
【演出】プロスペール・ディス
【翻訳】サニャ・トリプコヴィッチ
【台本・ドラマトゥルク】佐藤康
【音楽】荻野清子
【照明】齋藤茂男(シアタークリエイション)
【音響】大久保友紀(ステージオフィス)
【舞台監督】橋本加奈子
【通訳】山上優
【舞台監督助手】山中弘幸
【演出助手】坂口瑞穂
【宣伝美術】タグチケイコ
【制作】畑山佳美、太田麻希子
【票券】岩井加奈

【協力】山崎佳代子、ジョルジェ・マリアノヴィッチ
【後援】セルビア共和国大使館

【キャスト】
宗重博之/横田桂子/木野本啓/山下順子/愛川敏幸/平田三奈子/片岡哲也/久保恒雄/岡薫/畑山佳美/工藤牧/伊達由佳里/太田麻希子/植田愛子/滝本直子
冨田訓広/福島妃香里

平成21年度文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業)
神楽坂まち飛びフェスタ2009参加イベント

ショパロヴィッチ巡業劇団ブログ

スポンサーサイト

初号試写「すべては海になる」

IMG_0366.jpg


参加作品の初号試写@イマジカ

久しぶりに、山田監督やスタッフの方と再会。

映画は来年のお正月第2弾ってことになるのかな‥‥‥。

公式サイトはコチラ

まだ先ですが、是非劇場へ。

監督、初号を迎えお顔がホッとしていたように思えたのは、気のせいでしょうか‥‥。


サトエリちゃんの手足はとても長い。
hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。