スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢をみた

夢をみた。

続けてみた。

たいていは忘れてしまう。

今回の夢は忘れなかった。

部屋にいる私。

廃墟のようながらんとした一室。

日本ではないかもしれない。

アパートの一室にいる夢をよく見る。
たいていが、夜。

窓からネオン管が見えたり、街灯の光が入っていたり,それを感じたりするような部屋。
電気はついていなくて、外の光が部屋の中に漏れている。
海外で滞在した部屋が元になっているようだけれど、それと同じではない。

今回は今までとは違う部屋。

私は誰かの部屋に同居者として住み始めたよう。

部屋は何も無くひろい。古い病院のよう。

埃だらけのベットで、埃をたてないように細心の注意をはらいながら寝床を整えている。

あちこちペンキが剥げかかっている薄い色をした四方の壁にそれぞれ窓がついている。

その一つをあけると、裏に庭とは言えない空き地が見えている。
好き放題に背の高い草が無秩序に生い茂っている、「中庭っぽくて悪くない景色」と私はおもう。

ふらっと、金色の髪をした親子が通り過ぎる。夕方に近いやわらかい光で長い光りが差し込んでいる。

ここどこなんだ‥‥‥‥‥‥。

と思いながら細心の注意をはらい、埃をたてないようにベットを整え続ける。

姿は無いけれど、私は誰かの部屋にいる。

部屋には大きなサイズのベット以外は何も無い。

日の明かりが残っている夢をみたのは、どれぐらいぶりだろう。

光の優しいシーンは悪くないの。
スポンサーサイト

銭湯

燃料の値上げで、町場の銭湯なくなったらとてもつまらない。

こりゃ文化の問題でもありますぜ。

町場を締め上げてどうするつもりなんだ。

この国、どこへ向かっているのかな。

私たちの生活は、任期の間に成果を上げたい政治家達の道具みたいだなぁ‥‥。


映画鑑賞「春との旅」

小林政広監督の新作「春との旅」試写へ。


日本での公開は来年の5月。

春が可愛い。金魚みたいだ。
hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。