スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき。

このサイトの右下にもあるでしょ。

今ひとつ楽しみ切れていなかったのに、年末から新年にかけて「ツイッター」大爆発な驚き。ジブラのおかげで、何か急に小さくはあるけど盛り上がりを体験できた。オモロい。

編集者や物書きの知人友人のつぶやきぼやきが面白い。

週末はドイツから帰国中のハナヨのお誕生会、新宿。
点子と恋のバカンス歌った。
花代の着物姿を久しぶりにみる。ちゃんとお姉さんになっていて(あ、お母さん)ホレボレする。

日曜日は初釜。
朝方の喘息で途中参加。
のらりくらりとお茶もお菓子も頂いて、すんません。

解散後、妹に薄茶を点ててもらっていたら先生方が次々に座りだす、
ともちゃん(妹)100本ノックのようになっていた。

その後、今週決行予定の撮影の打ち合わせと美味しいパスタ&チーズ。

大好きなイチコちゃんも顔出してくれると言ってくれて心強い。

ようやっと今年の始まりを実感。

神戸の震災から15年。
1995年はいろんなことがあった年。
あれやこれやからもう15年。あっという間な気もするし、まだまだな気もする。




もうすぐ、父の一周忌。


本当に苦労のある付き合いだった。苦労したことは心に残りやすい。

まだ、父がいないことが、ひどく心細く淋しい時がある。

ああ、もうお父さん、いないんだ。

ハイチ地震緊急募金

ハイチでの大地震のニュース。

被災地の方々の状況がニュースで伝えられている。

適切な援助が早急になされ、救助の手が少しでも早く多くの方々へ届くよう願います。

亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

自分にできることをやろうと思います。小さくても何かできることを。

観劇「キレイじゃなきゃいけないワケ」

12月29日(火)~2010年1月17日(日)20回公演

ザムザ阿佐谷

TPT73
ニール・ラビュート『キレイじゃなきゃいけないワケ』

STAFF
訳◎広田敦郎 演出◎千葉哲也 装置◎石原 敬
照明◎笠原俊幸 衣裳◎原まさみ 音響◎藤平美保子
ヘア&メイクアップ◎鎌田直樹 舞台監督◎白石英輔/村田 明

CAST
藤沢大悟 奥山滋樹 山田ジルソン  濱崎 茜 河合杏奈 高畑こと美

年末からの公演、最後の方に滑り込み。

山岡大祐監督

サンダンス・NHK国際映像作家賞2010に

ロストガール」の山岡大祐監督の「朝日ヶ丘の素晴らしき人々」(共同脚本:江藤有吾)がファイナリストに選出されています。

賞を受賞すれば賞金1万ドルと映画完成時のNHK放送権購入が約束されます。

発表は映画祭の中で行われます。

お楽しみに!

ファイナリストたち。各地の部門から1人づつ受賞者が決定します。

【ヨーロッパ部門】
「白雪姫」   パブロ・ベルヘール(スペイン)
「私は改名する:アラバーディ」 マリア・サキアン(アルメニア)
「エレナ」   アンドレイ・ズビャギンツェフ(ロシア)

【ラテンアメリカ部門】
「エリ」  アマット・エスカランテ(メキシコ)
「ディレイ」  ロドリゴ・プラー(ウルグアイ)
「ミリタント」  マヌエル・ニエト(ウルグアイ)

【アメリカ部門】
「フォー・エレン」  ソー・ヨン・キム
「南の果ての野獣ども」  ベン・ツゥェイトリン
「氷上にて」  アンドリュー・オペア・マクリーン

【日本部門】
「静かなひと」  中島良 共同脚本:入江信吾
「泣かない女はいない」  日置珠子
「朝日ヶ丘の素晴らしき人々」  山岡大祐 共同脚本:江藤有吾

あぁ

あああああ。



がんばります、しっかりします、まじめにやります‥‥。





そんなことばかり書いていたら、嘘つきな気分になってきた-----!





2010年も普通にいつものとおりで行くことに決定!


だいいち、そもそも、私はそんなに不真面目に生きていない!


ただ、グズなだけだ!そして、そう見えにくいところが、難だけど!


それにしても寒い夜、東京はこの冬一番の冷え込み。

テレビドラマ

ボンヤリした毎日を送っています。

本日は顔合わせと本読み。

ボンヤリしている場合ではないです。

ディレクターの愛と情熱のある関係者全体へのご挨拶で現場も集中力が増す。

テレビはマルチカメラ、段取りなど、総てのテンポが速い。

愚図の私は気後れしてしまうので、ぼけっとしないでしっかりします。



ね。



ゆきがふるかもしれない

寒い朝。

エリック・ロメール監督が亡くなったというニュース。

観劇「オーストラ・マコンドー 1stオーストラ 『三月の5日間』」

sanngatu-ura.jpg

新成人の皆様、大人の世界へようこそ。

成人の日の今日、赤坂にて観劇。

+ Read More

日曜の夜

母と食事。ご飯食べて、実家でお茶飲んで、お喋り。

最近リニューアルオープンした銭湯へ。

昔は壁の向こうから「お~い、でるぞ~」と男湯の向こうから祖父に呼ばれた、懐かしの湯ですが立て替えでピカピカに仕上がっていました。お湯も黒湯がでたのだそうです。受付にはお若いご夫婦?

母はカラスの行水なので、いつも先に帰ります。

私は初めてのお湯にどっぷりと暖まって帰るのです。黒湯はけっこう気持ちがよかったなぁ。
ピカピカすぎて、おばあちゃんたちが転んじゃったりしないか少し心配になりました。

そのうち黒湯には誰もいなくなって、少しの時間、悠々と独り占め。浮かんでみたり‥‥。黒いお湯の中に肌が見えると、自分がお汁粉の中のお餅になったような気分になってきました。お餅ほど色は白くないけど。

すっかり暖まりまり帰宅。

瓶の珈琲牛乳もフルーツ牛乳も置いてありました!偉い!

でも、ビックル飲んじゃいました。

出入り口にある小さな路地は、私が子供の頃から変わってなくてすこし、センチになりました。

本格的にご当地お湯巡りしようかという思いは募ります。

スーパー銭湯は人がたくさんいて苦手です。

眼鏡をつくる

KICX2026.jpg

生まれて初めて、検眼して眼鏡を作った。

近視用じゃないよ。

眼鏡生活始めます。


はりきって本を読んでみたが、今ひとつ「ピンとこない」


すまぬ!

新しい自分の顔に出会ったようで楽しい。


それにしても、スキップしたくなるぐらい美しい日和で始まった連休。

みなさんはどこかへお出かけですか?

家にいるのはもったいないですね。
hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。