スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第85回 女流名家舞踊大会

IMG_0075.jpg

第85回 女流名家舞踊大会 

国立劇場大劇場
公演期間 2010年2月27日(土) ~ 2010年2月28日(日)
開演時間 11:00

一中節 「月の傾城」 吉村 知加 先生

幕があがると、青い闇のなかの佇まれる姿、本当に美しかった。
物語は、花の頃を終えてゆく花魁のお話。
折口信夫先生が書いたものらしい。

IMG_0073.jpg


IMG_0079.jpg

ロビーのシャンデリアはタンポポ?
スポンサーサイト

februar

どうで死ぬ身の一踊りどうで死ぬ身の一踊り
(2006/02/01)
西村 賢太




暗渠の宿暗渠の宿
(2006/12)
西村 賢太

映画鑑賞「フローズンリバー」

映画鑑賞「フローズン・リバー」

顔のクローズアップがいい。




原題:Frozen River
監督・脚本:コートニー・ハント
製作:ヘザー・レイ、チップ・ホーリハン
製作総指揮:チャールズ・S・コーエン、ドナルド・A・ハーウッド
撮影:リード・モラノ
美術:インバル・ウェインバーグ
音楽:ピーター・ゴラブ
編集:ケイト・ウィリアムズ
製作国:2008年アメリカ映画 上映時間:1時間37分

オフィシャルサイト

渋谷のシネマライズ。毎週火曜日は1000円です。
いろいろ、あるよ。
シネマライズ

ああ、もう

狭い部屋が、ぐちゃくちゃになっている。

うぅ。

お片付けしなくちゃ。

うぅ。

第22回、日本映画学校卒制

第22回卒業制作上映会

映像科143人、俳優科29人が制作した渾身の作品、ドラマ、ドキュメンタリー全14作品。

日程: 2月26日(金)~28日(日)
会場: スペースFS汐留
*入場無料 入退場自由
*来場時必ず受付にお声かけ下さい。
*但し、満席の場合は入場をお断りする場合もあります。予めご了承下さい。
会場、上映時間、作品詳細はこちらから(※PDFファイルです)

昨日、観に行ってきました~。萩生田監督の作品、興味深かったです。
本は天願さんが生徒と一緒にまとめ、監督は萩生田さん。
この作品しか見れなかったけど、意欲作で面白かった。
俳優さんの拙さが最大限に生かされていて、良い現場だったのだろうなと思った。
俳優部の生徒さんは驚くほどにぼんやりしてたけど。

天願さん、久しぶりちゃんとお会いしてお話したけど、不覚にも途中から完全に酔っぱらってしまいました。

他にもたくさん作品上映しています。入場は無料ですよ~。

音楽を担当した木田さんは高校の時の同級生。
いんちきな軽音部で、インチキに軽音楽やっていました。小山田圭吾とか、スケシン(先輩)もいたよ。
私は経理担当、というかマネージャー?というか、‥‥‥.バンドもやらせてもらったけど。

そうだ、女子美に知り合いがいて、対バンもう込まれて、なんかやったやったなぁ。
アン・レノックスとかスゴい上手に歌い上げられて、どん引き下の覚えてる。
私は、ちょこっとボーカル。楽器ができなかったから。あちらは、私の下手さにどん引きしてたけど。

あけて本日、知らない人から電話だ、なんだ、なんだ、と電話に出たら、「おまえ、電話をかけてきただろ!」
と怖い声の人で、寝ぼけ頭をフル回転させて,気がつく。

ああ、気がついてよかった‥‥‥。

心の底からおもった。だて、監督、先には名前言わないんだもん‥‥‥。

そうそう、昨夜、深く酔っぱらった私は、萩生田監督と山本政志監督に電話してたのだ。
新橋で飲んでたと言ったら、馬鹿じゃねぇか、笑われた。
次は夜中じゃなくて,もっと早く電話しろ、夜中じゃなくてね、と釘をさされました。

あたりまえよね、時間確認したら、夜中の1:45とかだったもの‥‥‥。

ごめんなさい。



お時間会ったら、みなさま、是非、劇場へ。



サイタマへ

ぶいぶい、車を運転して、サイタマへ。

サイタマと言えば、ラッパーとなってしまうココ最近。

サイタイマ広い!

うちから、遠い!

趣の良い旅館での撮影。
お隣にある理髪店がネンキが入っていてセットなのかと思うような風情だった。


なんだか、どんなになっているんだろう。

監督は園田新さん。

撮影監督のナガタさんと再会。




詳細はまた後日。



山崎裕監督から、久しぶりにメールが来た。

「TORSO」大阪での上映、監督のトークもあるらしいので、お近くの皆様、お時間がありましたら是非劇場へ。

大阪アジアン映画祭

ちょっとはやいあさ

映画制作は、健康管理大事です。

脳も筋肉です。といった先輩女優の言葉がまた思い出される。

本日、大貫憲章さんのお誕生日。
大台かと思い,挨拶しに行った。あれ?大台にはまだ一年ありました。

トシちゃんのbaby かわいい。

日めくりのような写真拝見。日々顔が変わっていくのがわかる。


白玉ちゃんにモブノリオさんを紹介されて驚いた。
「介護入門」好き。



さて、早めに帰ってきた。ねる。


ねる。

よむよむたい

いろんなことが、日々。
脚本読む、読む。

ちいさなベランダで、花の芽をながめる。
青山の蕗の薹を茹でて頂いてお味噌を合わせる。
ふみ先生が見つけた白梅を眺める。
梅よりも高い位置で枝を張っている桜の、ぷくぷくとしたような莟のふくらみを、じろじろ眺める。

お濃茶飲んで、眠れないなぁ。

おひなさま

IMG_0052.jpg

春のお菓子の登場。サクラ君、待っていたよ。

かすか感じられるニッキが匂い、桜の匂い。


本日は、少し気合いを入れて稽古しました。

息もでない、きほどに緊張するんだけど、流れ始めると身体が手順を覚えています。

本日は筒の深い茶碗を使った。茶巾をそれにあわせ、水屋で仕立てて準備。

四畳半の宇宙は、本当に奥深い。

もうすぐひな祭り 。

IMG_0028.jpgIMG_0050.jpg 
IMG_0057.jpgIMG_0051.jpg

子供の頃は豪華な12段飾りとかだったよ。なんでだろ。狭い部屋いっぱいに飾って会った時があった。
楽師の笛が、紛失したとか、何とかの杓がぁ~とか、お内裏様の帽子はどこじゃ~とか、やりながら飾った、記憶があります。

ひなあられ。ばりばり。と。
たまに入っているいろんな種類のお砂糖にまぶされたピーナツが、
柿ピーのピーナッツと違って愛されていた。まるで、違う食べ物のような扱われかただったわ。

今日のお花は白梅と椿。花びらが控えめで開いた時の可愛らし。
もう一枚の写真はクレマチスだとおもうんだけど。なんだったか‥‥。

先生と、残った生徒さん達とお喋りしながら、ご飯食べて、撤収。

今日のお話はお江戸の土地の呼び名からはじまり。東の芸者さんのお話。

興味深い。柳町、新橋、赤坂。

有吉佐和子読むと細かく書いてあるとのこと、そういえば、読んだことないに等しいので読んでみるか。

じつのところ

いきなり呼び出しがかかる。うだうだ、話す。いろいろ。

振り返っているようで、振り返っていない、いろんなことを思いおこす。

大人たちに囲まれて育ち、いろんなことを教えてもらっていたなぁと思い返す。

背伸びをして、同じ目線でたっているように、いい気になって。

自分で探してきたようなつもりで、じつのところ教えられていた。

手で耳を塞ぎ、目をぎゅうっと閉じていた、ような記憶もあるのに。

勝手に大人になったような気になってはいけないなぁ。

しかし、まあ、歳を重ねているからって、何でも知っているとは限らないと、
歳を重ねてつくづく思う。

わからないことばかり増える日々だ。

というか、日々というのはいつも新しい日々なのだ。

新しいってことはさ、知らないコトだらけってことじゃんか。



ちくしょぅ。

だう!‥‥‥ってなんだよ。



なんて、うだうだと書いていたら、

第60回ベルリン国際映画祭にて、寺島しのぶさん主演女優賞受賞のニュース。
参加作品は若松孝二監督の「キャタピラ」

すんごいことだ。

作品のことも考えると、本当に。
素晴らしい!おめでとうございます。
hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。