スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古都、奈良からのお知らせ。

奈良の監督ちゃんから、久しぶりの「お知らせ」メール。

~ 監督ちゃんからのお知らせ ~

「美しき日本」JR東海提供シリーズ第一弾となる
奈良編を河瀬が撮り下ろしました。

美しき日本

吉野、五條、十津川
それぞれの村や町の美しき日本を綴りました。

~~~~~~~~~~~~~~~~

ぷらっと、のぞいてみてください。

深く美しい奈良をご覧くださいませ。

監督ちゃんの公式サイトはこちら。

河瀬直美 公式サイト

はなびえ

IMG_0122.jpg

花冷え。

ちょこっと咲いたとおもったら。

春に浮かれすぎないように来るのか、花冷え。

窓に雨粒がバシバシとぶつかっている音がする。


今年は、とくに、とくに、春に水を差されたように思えるのは、

世相のせいか、自身のせいか。

やみくもに、なんだ、こんちくしょう。

負けるもんかと思う。



黙々と外を歩いてみる。



風邪をひいた。

宇宙人と私。

IMG_0102.jpg

つきがわらってる

もの凄く、息苦しくて、怖い夢をみた。
風の轟々。雨がざんざんと降っていたよ。

出かける頃には、晴天。お彼岸日和ですねぇ。

順調に撮影進行中。

緑の中を、あっちへいったり、こっちへいったり。

柿本ケンサク監督の「COLORS」の撮影を思い出す。

暖かいんだか、寒いんだか、わからいこの季節。
莟は確実に丸くふくらんできているんだけどなぁ。

お花見。今の時期、ピクニックには、まだ寒くて好きじゃない。

桜の花は大好きだけど。春の夜の寒いのは嫌い。大嫌い。


風で掃除されたのか、夜空がキレイだ。

笑ゥせぇるすまん、喪黒福造みたいな口で笑っているお月さんみた。

ハチスガ監督は、ほんの少しだけ、モグロフクゾウに似ている。

本日はブルーバックもありました。

KICX2203.jpg

蜂須賀健太郎 組、撮影開始

KICX2188.jpg

グリーンバックでの撮影が始まりました。

ちびっ子と大人。

KICX2187.jpg


KICX2192.jpg


蜂須賀監督と「画」担当の広瀬弦氏、音楽担当の木田氏も登場。

ウサギが、一生懸命撮影状況を見守っていました。

KICX2193.jpg

本日、撮影全体のクランク・インです。コレからが勝負です。上手くいきすように。

演劇鑑賞「大市民」

吉祥寺シアター

やっぱし,キレイで最新設備な感じの劇場だなぁ。
席も座りやすい。
見応えたっぷりです。

音楽と振り付けが、無理の無い感じで良かった。

TPTのメンバーとかいろんな人に会う。
乱ちゃんにご挨拶しようと思ったのに、すれ違い、待ってた人達も残念がっていた。
電話をしたのに、声を聞いたとたんに切られた。何だよ先輩、大人げないぜ。

あとから伺ったのだけど、川村さんが一部直接振り付けをしたのだそうだ。
想像して笑った。

それにしても、日本で演劇を観ている時って、お客さん静かだよなぁ‥‥。

せっかく音楽劇なのに淋しい。



演劇鑑賞「マリオン・ブリッジ」

「マリオン・ブリッジ」
作・演出協力:ダニエル・マカイバー
演出:木村健三

池袋・グリーンシアター

初めて行った。きれいな劇場。



とても品のよい美しいキャスティング。

お時間ありましたら、是非劇場へ。
本日はアナザーバージョンが15:00から
明日は、英語によるリーディングがあるそうです。
翻訳戯曲へのアプローチを考える良い機会を与えて頂きました。

外国のお客さんがゆるーく観ていて、横にいた私もリラックスした。
ラストにブラボーとかけ声をかけていて、空間が広がった気がしたよ。

マリオン・ブリッジについて、記事がでてました。

映画鑑賞「ハート・ロッカー」

なるへそ。

俳優達がよい。

TOHO シネマズ 六本木ヒルズ

「TOHO シネマズデイ! 」なる日で1000円。ラッキーな気分。

本日、ホワイトデーじゃんか。

ふん、製菓会社のキャンペーンになんか乗るもんか。

と思ったけど、乗るのは、あげようっていう相手の問題であり、私の問題ではないので強がりにもならない‥‥。

いくつか抜群にいいシーンがあったなぁ。アメリカ映画だったなぁ。

私が言うのもなんだけど、カメラ揺れ過ぎ。

ぐだぐだの週末

芽吹きの季節ってのは、いろいろ、まあ、ありますが、皆様におかれましては、いかがでしょうか?

私の今年の春は落ち着いております。

今週末も、ぐだぐだと愛猫ともうすぐ片付けられると思われる、電気ストーブが名残惜しく暑いってのにアタっております。

佐野洋子さんの「あの庭の扉をあけたとき」のケイエス企画発行・モエノベルス・ジュニア・シリーズの版を読みました。

「金色の赤ちゃん」というお話もついていたので読みました。

洋子さんの物語を読んでいるうちに、私自身の子供の頃の町風景、通学路を、同級生たちを。
いろんな感情を、ふわふわと思い出しました。

楽しいも、苦しいも、悲しいも、嬉しいも。

激しいも、虚しいも、

いろんなことを思い出し、少し恥ずかしい気持ちになってみたり。

続いている時間を、ふわふわ思い出して。

愛猫の鼾を聴きながら。

ゴロゴロする。緩い土曜日。

もぞもぞ、もそもそ。

やってみることにしました。

いろいろ、もそもそです。

人を集めるって緊張しますねぇ。
hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。