スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月、いろいろ。

だらだら。
スポンサーサイト

+ Read More

原宿

IMG_0044_20100928002642.jpg

所用があって、原宿界隈へ。

けっこうな大きさの昔なじみのビルがいくつも立て替えのために姿を消していた。

おっどろく。

あ、あれ?

あ、あそこ?

え~。

というような。場所によっては何度も立て替えられている。

いつ通っても気持ちの良い並木道はかわらないものの、建物はどんどん変わっていく。

あまりの人ごみと移り変わりの早さに、なるべく避けるようになっていた近年。
同潤会アパートが取り壊された頃には、楽しくて、楽しくて、通いつめた場所なのに、何かもう、どうでもいいやみたいな感じがした。

町の姿はそこを必要としている人達の流れにそって変わるのだと思った。

信号待ちで見上げたら、LAFORET MUSEUM の文字。
おお。ここはね、すごいね。まだあるね。

渋谷のなんだっけ、あのビル。にも書かれていたなぁ。
ああ、もう、名前が出てこない。
今度,渋谷よったら確認しよっと。

曇天のせいか、なんだか町がシラケたように見えてしまうのは自分のせいかな。
今でも友人達がけっこう働いているから失礼なことも言えないけど。

10代の頃。毎日いたね。毎日。

通い始めたら、また面白いと思うんだろうと思う。

用もないのに、ぶらぶらできるって素敵だと思う。
時間の使い方が、つまらない大人になっている自分にがっかりする。

おもしろということは、能動的に発見していくべきだなぁ。

乗ってかないとなぁ‥‥‥。



ノリノリで、どーか、ここは、ひとつ。

モグラ町、観に来てください。

あめざーざー

雨の音で目が覚めるなんて、80年代の歌謡曲じゃあるまいし。

夏が戻って来たような、昨日だったのに。

寒い。


何故そうなったのか、まったく理由がわからないけど、レンタルDVDを間違えて捨ててしまったようで、レンタル屋さんに告白したら2枚でけっこうな値段になるとのことで、改めてよくお探しくださいと言われた。
月極で延滞料金がかからないので、そうなるんだけど、ポストへそれを返却するまで新しいのは送られてこないのだよぅ!

狭い部屋なので、行方は99%東京清掃局だと思うんだけど‥‥。
言われたとおり、もう少し粘って探してみようとは思う。

雨ね。

今日の雨は、なんだか鬱陶しいのは、きっと私の事情。天気の事情じゃない。

やんなきゃいけない事が、ちっとも進まず、何でこんなこと!ってな気分になっちまったら、悪循環。

心の中で、いろんな呪いの言葉を呟きながら、
どんどんダメダメダメヨな一日になっていく。

アレやコレや、考えてみれば、そりゃたいしたことではない。

全部、気圧の変化とか、雨降りのせいにしたいです。

眠って乗り越えることに決定。

雨ふり。

きっと心の澱を流してくれるだろう。

山岡大祐監督作品「ロストガール」ロンドン上陸

ドイツで開催の「Nippon Connection」の流れから、数年前に公開された山岡大祐監督作品「ロストガール」がロンドン上陸です。
DVDの発売の見通しも立ってきたようです。
詳細は「ロストガール」公式サイト

第19回レインダンス国際映画祭(イギリス)
10月3日(日)20:15~

1992年より開催されている、インディペンデント映画の映画祭です。

映画祭公式サイトの紹介ページはこちらから

若手の監督達が、作品をひっさげ、どんどん活動のエリアを広げている。
たくさん、たくさん、人に出会って。
その体験が、どんなふうに創作活動へ影響してくるか、
とても興味深いし、オモロいことになると期待しちゃうね。

私も,青色吐息のいつもだけど、がんばるよ。

どうしても観たい

今井正監督の『喜劇 にっぽんのお婆ぁちゃん』(1962年)

観たい。

どうしても観たい‥‥‥。

矢城潤一監督

「ねこのひげ」矢城監督の小説が!

出版された!告知、遅れた!

ふたたび swing me again (宝島社文庫)ふたたび swing me again (宝島社文庫)
(2010/07/06)
矢城 潤一




ぜひ、お手に取ってみて下さい。

ドリュメンタリー・ドリーム・ショー 山形 in 東京 2010

18日から始まりますねぇ。

観たい作品がたくさんある。

う~ん。

去年、映画祭最終日に、ぶらりと山形に行ってきました。
一日だけで、受賞作などの数本しか観ることができず、パンフレットを読んで、ため息ついてた。


観たいなぁ‥‥‥。あれも、これも。

ドリュメンタリー・ドリーム・ショー 山形 in 東京 2010

おぎゃあ

IMG_0022_20100914135128.jpg  

誕生日、

自分が生まれた病院があった目の前で、借り住まいしています。

母の実家。

おぎゃあと、この世に生まれ落ち、その後、
しばらく祖父母の家、今は母の家ですが、ここで暮らしていました。

私も赤ちゃんだった頃があるんです。

ふふ。

ああ、生まれてから、だいぶたった気がする。

なあ。

まだまだ、って、いま、誰か呟きましたかね‥‥‥‥‥。

へへへへ。



演劇鑑賞「ハーパー・リーガン」

先日は、秋の気配なく、お暑いなかを、
黄金町、ジャック& ベティでの「TORSO」初日、一回目の上映,
舞台挨拶へお越しいただきまして、本当にありがとうございました。

上映館の皆様も、お声がけ頂きまして、本当にありがとうございます。

上映始まったばかりなので、是非、お近くにお寄りの際はお立ち寄りください。

伊勢崎町のネオン探索も興味深いですよ。

黄金町、劇場へ向かおうと歩いていたら「(ナントカ)ねえさん、あれだから~」ってぱっと見上げたら、年月を感じさせるストリップ小屋だったよ。こちら方面、近日中に改めて長い散歩に出かけようと思う。

関西方面の皆様も、どうぞよろしくお願いいたします。



本日、稽古休み。

演劇鑑賞。

視力が弱っているのか、チケットに表記された座席の番号を読み違えていた‥‥‥。
係の人に教えられ、確認しようと、チケット取り出したのだけど、薄暗がりのせいか、数字がまったく確認できないときた‥‥。

トホホな気分。

オリジナルは2008年、イギリス、ナショナル・シアターにて初演。
作・演出、サイモン・スティーヴンス。

とても現代的に思えた。

私はすごく好き。

「ハーパー・リーガン」 (パルコ) の感想・チケット・詳細情報なら演劇ライフ

黄金町 ジャック&ベティにて!

9月11日(土)黄金町 シネマ・ジャック&ベティにて、トルソ公開が始まります。

初日、15:40回の上映前に、山崎裕監督と舞台挨拶にまいります!!

お時間ありましたら、ぜひ!!


映画観賞後、土曜の夜は、黄金町で飲み明かしちゃったりしてください!!


黄金町 シネマ・ジャック&ベティ
hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。