スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あー、うー。

IMG_0238.jpg


荷物が片付きません‥‥‥‥‥‥。


暗い年末年始になりそうで、いまからそれに耐える心の準備をしたいと思います。



世の中が灰色に見えてきます。


ああ。


今日は雨だったか。

新年はミステリーを是非。



「オボエテイル」2011年1月8日(土)より!

新宿 K’s cinema横浜 ニューテアトルにて一般上映が決定しました。

2005年に第9回みちのく国際ミステリー映画祭の為に制作された作品です。
満を持しての公開決定となりました。


第9回みちのく国際ミステリー映画祭2005in盛岡 招待作品
もりおか映画祭2010 招待作品

2005年~2010年/日本/125分
配給宣伝:生駒隆始

監督は全員が日活撮影所出身の実力派。

スタッフ
第1話:遠い記憶
監督・脚本:芳田秀明

第2話:前世の記憶
監督:明石知幸
脚本:久保朝洋

第3話:緋い記憶
監督・脚本:久保朝洋

原作:高橋克彦「緋い記憶」「前世の記憶」(文春文庫刊)
企画・製作:安井ひろみ
プロデューサ-:大木悠次、八木欣也
ライン・プロデューサ-:志田篤彦
音楽:上田砂代子


キャスト
第1話:遠い記憶
村上淳/麻生祐未/浅井江理名
鈴木颯人(子役)/吉田日出子

第2話:前世の記憶
中村美玲/葛山信吾/結城しのぶ/島かおり/篠井英介

第3話:緋い記憶
香川照之/光石研/柄本時生/渡辺真起子/螢雪次郎

私は「緋い記憶」久保朝洋監督作品に参加しています。
久保監督の初長編作品でしたのよ~。
とんでもないカッコウして、登場しますが驚かないでください。

「TORSO」DVDの準備。

IMG_0019.jpg

DVDに付けるメイキングの為にちょいと。

まだ、上映館もありますが。

発売はまだ先なのですが。

DVD発売、詳細は追って。

山崎さんはいつも動き回っています。
観察していると面白いです。

山崎さんは時に、悪のりします。
某新聞での賞レースで主演男優賞をTORSOでとのたまっていました。
ああ‥‥、監督‥‥。
新人山崎監督のもと、皆ですったもんだして生み出した作品のなかに、
そこにあった、時間、関係(いやらしい事を考えないでね)
いろんなことが、残っているんでないかと思います。


さて、ほんのちょこっと働きます。

衣装合わせへ。


監督とサクサクお話をして。
サクサクと衣装合わせして。

サクサク終了。

撮影はサクサクしすぎると、少し寂しいなぁ‥‥。

どうなるか楽しみです。

詳細は、またまた、近々に。

山岡大祐監督「ロストガール」も年明け再々上映&DVD発売です。
出会った当初はクールにサラッとしたお洒落青年なのかと疑っていましたが、
思いの外、執念の男でした。ありがたく素敵です。

ぼっちぼち、やっとります。

同級生のお母さんの、立派なお別れ会に参列させて頂いた。

祭壇にたくさんの著書がその人らしく、飾られていた。
たくさんの、本当にたくさんの、本。愛用していた筆記用具。彼女用の原稿用紙。

愛煙家の彼女のために、献煙草の場所がもうけられ、大好きな煙草が山のようになっていた。
最後の会話が忘れられない。


同級生達と皆で片付けを手伝い、お酒飲む。

本当に、仲良し過ぎても、そうとうの団体様ご一行となって献杯は続き、
いつの間にか乾杯と叫んでる輩がまでいた。

学生生活は、受け止めきれない事が多く本当にしんどかったけど、
面白い同級生達に出会えた事はよかったなぁ。

父の時も、わらわらと駆けつけてくれた。
恥ずかしかったけど、結果、結果オーライ。

いま、ちょうど佐野洋子さんの「がんばりません」を読んでいる。
ちょうどいい年頃で読んでいると思う。

読んでいて、心が簡単に緩んで、くすくす笑ってしまう。
自分の未来の葬式の事まで書いてある。
私達も、もう自分の葬式を考える頃なんだな。

それにしても、ご息子はしっかりやっていた。ちょこっと偉い!と思った。
ご家族の方々、ご親族の方々、一緒にお別れをさせて頂き、本当にありがとうございました。




映画鑑賞「スプリングフィーバー」

IMG_0473.jpg

いい。

好き。

観て。

ちゃんと観て。


12/25~。2000年の作品『ふたりの人魚』、UPLINK X にて再上映だそうです。




試写「ピラニア」

お寒いですなぁ‥‥‥。

井土紀州監督最新作「ピラニア」の試写のご案内を頂き拝見。
青春H」というシリーズの一本。
12/8~ ポレポレ東中野にてレイトショー公開が始まるそうです。

同じシリーズのひと作品「making of love」の古澤健監督に会う。
先日、十数年ぶりに再会。
初めてお会いした時、古澤さん、映画美学校を卒業する頃だった気がする。
なんと、一期生。
優等生と紹介された記憶がある。
ご本人は、その時に私に叱られたと語っていましたが、勝手にそう思っているのだと思う。
私にとっては、物怖じせずいろんな方々と一生懸命に話をしていた様子が好印象だった。


それにしても、寒い。

寒さにやられてしまう気がして、赤坂でソルロンタンを食べる。

うまい。

ぴかぴか

IMG_0450.jpg

古田ひろひこ監督作品「2DK」無事に始まりました。

ピカピカにあふれる街。

小さな上映会場で一般公開に先駆けて、小さな試写がありました。
お席に、ひとつずつ名前までつけて頂いて。

IMG_0451.jpg

お心遣いに感謝です。

観てくださった方の心の中にも小さな灯りがともるといいなぁと思います。

主演の野中隆光氏は劇団「SHAMPOO HAT」本公演中です。

「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」公開始まりました。



参加作品の公開が始まります。
是非劇場へ!

上映館などの詳細は公式サイトにて。
公式サイト「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」
監督・脚本・編集:東陽一
企画・製作:山上徹二郎
製作:大和田廣樹、定井勇二、大島満
プロデューサー:渡辺英二
原作:鴨志田穣
撮影:釘宮慎治
美術:磯見俊裕
上映時間:118分

12月6日(月)から短編作品「2DK」公開

来週の月曜日から原宿の-KINEATIC-にて、

チェルシーフィルムズ製作
古田ひろひこ監督作品「2DK」上映があります。
渡辺真起子、ちょこっと参加しています。

12/6~12/10まで、5日間。
短編作品 連日 20:00~ \500

どうぞ、お気軽にぶらりとお寄りくださいませ。

映画鑑賞「堀川中立売」

IMG_0440.jpg

柴田剛監督から、直接購入したお札チケット。

作品を拝見しなければどうにもならんと思いポレポレ東中野へ。


堀川中立売」公式サイト

ペットボトルのお札付きチケット。
ウー料理隊長でもある西村立志さん指揮のもと(たぶん)
京都スタッフ有志の情熱のもと(本当に)、3000個を手作りしたそうです。
私はハズレでしたが、当たりがでると、ともう一回、観る事ができます。
開封は劇場でなければなりませんので、うっかり開けてはいけません。

3000個の手作りのチケットを作ってしまう彼らのロマンをご覧あれ。


この日は柴田剛監督、瀬々敬久監督、古澤健監督、トークがありました。

流れに乗って朝までブラブラ。

いろんな人に会いました。


IMG_0441.jpg


朝方の空に浮かぶ薄い三日月が美しい、

どうか世界よ私を閉め出さないで。

そんな気持ちになりました。

hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。