スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糠床の復活。

IMG_0770.jpg

まあ、近年、荒れ放題だった、食生活を改善したい。
細くなっていた食欲も去年の夏を経て改善傾向。

いよいよ、糠床を復活。
発酵食品作りが大好きだったのだけど、自分は食事をまともにとらない、って意味がない、ってのを繰り返しているわけだ。

胡瓜と長芋。

いい。いいわ。じーん。

はたして続くのだろうか。
まあ、無理せずに大事に育てます。

気温の上昇にともない、サボっていた植木の土の入れ替えを決行。
大地に根を張らしてあげたい気持ちだけど、庭のある家になど暮らせる機会もないので、猫の額ほどのスペースででも、どーにか緑と暮らしたい。下町の軒下庭園を目指す。
母の暮らす江戸の昔から残る路地の町。

家々の玄関は家主の好みの植木鉢が通行の妨げにならないように工夫されながら飾られていて、ぷらぷら散歩が楽しい。


さて、木の芽どき。

大寒を過ぎて、冷え込んでいた大気がふわっと温かくなる。

今の時期、心や身体が敏感な人はふわっとなってしまうらしい。

心身のふわふわが心配な方はビタミンEが良いらしいですよ。
身体を冷やさず、浮かれず、ご用心ください。


そんな、私はどうやら風邪をひいたようです。


うひー‥‥‥。


ばたばた、事務所に行ったり、打合せに行ったり。

スポンサーサイト

初月 鑑賞

パープル・バタフライ [DVD]パープル・バタフライ [DVD]
(2006/07/21)

ふたりの人魚 [DVD]ふたりの人魚 [DVD]
(2001/10/26)

天安門、恋人たち [DVD]天安門、恋人たち [DVD]
(2009/03/27)

28日後... 特別編 [DVD]28日後... 特別編 [DVD]
(2004/03/05)

バッド・ルーテナント [DVD]バッド・ルーテナント [DVD]
(2010/07/14)

映画鑑賞「バーレスク」



シェール、凄い。

シェール、ああ、シェール。

主人公がハリウッドのスターダムに駆け上がらず、あの場所で看板をあげる感じが素敵。
小屋の作りも劇場として素敵。

ショーガール、永遠の憧れ。
金魚みたいな衣装をまとい、くるくる回る。
女の子だったら、一度は憧れるんじゃないだろか。

TORSO DVD 発売するんだよ。

取材日。

トルソのDVD発売の為。

丁寧にありがとうございます。

取材に入る前に、本当に丁寧にご感想を頂きまして、ありがとうございます。

口から出てくる言葉の数は多いのですが、多い分だけボヤケタり、脱線してしまうことが多く、帰る道々、あーとか、うーとか、いつまでたっても上手く話せないなぁと、しょげ返ります。

まあ、用意した答えはつまらないと考えてしまう、ってこともあるのですが。

詳細また後日!

あ、東京カレンダー、新しい号で「男の映画」特集に恐縮ですが5本あげさせて頂きました。
いろいろな人選も興味深く、作品も様々で面白そうですよ~。
東京カレンダー 2011年 03月号 [雑誌]

2011年、初・シャチョー(トランスフォーマー・代表)を道ばたで発見。

その冬らしい装いに和む。

世間はちょいと行く先が不安になるような新年幕開けの雰囲気。

まあさ、だめなときはダメだし。きっと今しか発見できない事や、培えない事もあるのだわ、などと自分に言い聞かせる。

ah ah, 投げやりとは違います。


さてさて。

頑張ろうと思っているのだけど、

ボンヤリ。

お世話になった方の訃報が届き、自分で思っていたよりも深くぐりいっと心の底で広がっている。

やるせない。

深酒注意の時だな。

もう一度、お会いして、ちーとは面白くなったと言われてみたかった。




さいなら。


ふわふわ好きな人にでも会いにいっていてくれたらいいなぁ。


さいなら。


合掌。

芸術鑑賞「小谷元彦展『幽霊体の知覚』」

森美術館

大変混雑をしておりました。

プラネタリウム観ちゃったよ。

小谷元彦展『幽霊体の知覚』

開催期間

期間 2010年11月27日(土)~2011年2月27日(日) ※会期中無休
時間 10:00~22:00(火曜日のみ17:00まで)※会期中無休
場所 森美術館 (森タワー53F)
主催 森美術館
協賛 株式会社大林組、トヨタ自動車株式会社、三建設備工業株式会社、株式会社九電工
協力 シャンパーニュ ニコラ・フィアット、ボンベイ・サファイア、山本現代

入館料
一般 ¥1,500、学生(高校・大学生) ¥1,000、子供(4歳~中学生)¥500
※上記の入館料で同時開催の「MAMプロジェクト013:カテジナ・シェダー」および展望台 東京シティビューにもご入館いただけます。ご利用当日のみ有効。
※スカイデッキへは別途料金\300がかかります(子供は無料)。
お問い合わせ

03-5777-8600(ハローダイヤル)

小谷元彦展 幽体の知覚

+ Read More

初場所。

KICX2601.jpg


大相撲、千秋楽を観戦。

小学校に上がる前、祖父に連れられていった大相撲。

これで人生2度目の観戦。

観たい、観たいと思っていて、なかなか行けずにいた。
どうせ観るなら、枡席で観たい。

ツテを辿って席を確保するのも気が引けるし面倒くさい。
誘ってくださる方もいないので、自分で。

不入りのニュースも目にするが、そこはチャンス到来と思い、初日か千秋楽でチケットを探してみた。
思いの外、伝統芸能好きだった友人と友人の先輩ご夫婦に参加してもらうことで、
念願の枡席で楽しく鑑賞。

向こう正面で、横綱白鵬の土俵入りでは、後ろ姿をたっぷり応援。

まあ、よい。

いやぁ。気分は上がる。

取組みは午前中の朝っぱらから始まっているってのに驚いた。
腰痛持ちの私には、全取組み拝見するのは無謀と思い、
ちょうど3時ごろに国技館に到着。

幕下から十両、幕内へ、観客席も徐々に埋まりどんどん勝負が進んでいく。
ちょと目を離すと一手を見逃してしまう、見逃すと技もわかんないくせに、
とても悔しい気分になるので、集中したりする。緊張感が高まる。

隣の席には大家族と、フランス人らしきカップル。
お若いフランス方、
力士のお面をかぶって盛り上がっているのかと思ったら、マツコ・デラックスのかぶり物だった。
あとで気がついた。

ご年配の女性が「あれは、誰のお面をかぶっているの?あれは誰!?」と叫んでいたので、
「マツコ・デラックスですよ」と教えて差し上げる。
まわりの方々も含めて、みんな、な~んだという雰囲気が漂った。

ふうん。

人気力士のかぶり物だったら欲しいと思うのだろうか。

うーん。

ワインの匂いが漂うなか、観戦は続く。

あ、私は素面。

番付けと取組みと、お客さんと、場内と、観る物がたくさんある。
お土産屋さんや、お茶屋さんのお運びさんや、出待ちしてる相撲ファンや、力士に駆け寄る子供達や。

土俵の上は影が出ない照明なのか‥‥。
浮かび上がる土俵上の力士達の肌色の美しさに驚く。

野球観戦と同じく、ラジオを持っていったら、解説聞きながら観れるのではないか。
初心者には良いアイディアなのではないかと思うが、
ぼやぼや行ってしまったので準備不足。
友人に携帯のワンセグ見せてと頼んでみたのだけど入らんかった。

もっと、いろんな知識があったら面白いのだろうなぁ。
ワイドショーで取り上げられるぐらい有名な力士しかわからん。
わからんくても、力士の心意気や場内の空気がいろんなことを教えてくれる。

千秋楽ってことで、最後の最後に神主さんを胴上げという儀式があったけど、遠慮がちな若手力士、一度あげて腰が引けたのか、落っことしてしまった。

あちゃ。

仕切り直しで無事に閉幕。

神様も笑っていると思う。

それにしたって、本日は充分に楽しんだ。
物は試しってモンだな。

KICX2586.jpgKICX2593.jpgKICX2602.jpg
KICX2608.jpgKICX2609.jpgIMG_0757.jpg

演劇鑑賞「国民傘」



昼の回。

始まったばかりの「国民傘」を拝見。

ジワリジワリと3つの物語が交錯する。

渋川清彦さん、三浦雅己さん、声が素敵。

IMG_0749.jpg

少し時間があったので紙の方の「ぴあ」を購入。
やはり、ストレスなく読みやすい。
岩松さんのインタビューも載っていた。



夜はブリ。

稽古帰りの先輩とサクッと美味しいもの。

温かいもの食べましょということで「鰤しゃぶ」に決定。

鰤って甘い。

明日もブリでもいい。

鰤大根。鰤の照り焼き。

いい。

〆はお雑炊。

ご飯を一緒に食べてもらえる人がいるって、いい。

帰宅後、鏡を見たら、顔が元気になっていた不思議。

公演、お稽古、

いろいろ大変なことも多いのでしょうが‥‥。

私も頑張りたいなぁと。

体調を崩し気味だった今月。

そろそろ動かねばならぬ。

IMG_0748.jpg

が、明日は念願の大相撲観戦!!

大寒のまんまるいお月さん。

昼間はけっこうなポカポカ陽気かと‥‥‥。

ビル風に吹かれて、ひょ~~~~~~~~~~。


寒い。


空を見上げたら、丸いお月さん。


今日のお月さん、なんだかクールだ。

冬なのだからね、当たり前なのだけど。

早く、雪でも、雨でも、降ってくれないと。

毎日のように、消防車のサイレンが聞こえてきます。

火の元の注意、お忘れなく。

しあわせ。

幸せ。

どんなもんなんだろう。

どんな色しているのだろう。

どんな感触なんだろう。

重いんだろうか、

軽いんだろうか、

形があるんだろうか、ないんだろうか。

日々の瞬間を生きていた幼子達が、明日や、来年や、未来の事を実感をもって考え始めている。

人生は選択の連続だと、誰か偉い人が言っていたような気もする。

その通りかも知れない。

初めての大きな選択。

どうか振り向かないで、進んでいって欲しい。

たくさんの試練が待ち構えていたとしても。


しかしだねぇ。

私の年頃だって、まだまだ試練ばかりである。

ふと幸せのシッポを見かけることがある。

シッポをつかもうと、追いかけている。

目がくるくるまわり、どでんと尻餅をついた。

あ、

そのシッポ、私のお尻に付いていた。

なんだ。あったのか。



むねのうち。

新年初の、身体調整。

身体がぎゅうーっと全身の筋肉がしまっている。
ここずっと続いている、咳と風邪が残っていたか。

真面目にストレッチ。

声を出すまでには辿り着けなかった。
次のメンテナンスまでに間があるので、自分でやらねばならない事多し。

錆びた身体と心。

味は出てくるが、軋みはいらないねぇ。
油ささないと。

帰り道、身体が軽くなる。


ふぃ~。





hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。