スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢見月 鑑賞、読書。

11日、までの間に観たり、読んだりしたモンです。
スポンサーサイト

+ Read More

映画鑑賞



「英国王のスピーチ」@TOHOシネマズ 六本木
監督・脚本:トム・フーパー
脚本:デビッド・サイドラー



「シリアスマン」@ヒューマントラストシネマ 渋谷
監督・脚本・プロデューサー: ジョエル・コーエン / イーサン・コーエン



「ブンミおじさんの森」@シネマライズ
(原題・タイ語: ลุงบุญมีระลึกชาติ, 英語: Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives)
監督・脚本:アピチャートポン・ウィーラセータクン

東京は桜が咲きました。

花見酒は好きじゃない。寒いから。



でも、ぶわ~と咲いた桜を眺めるのは大好きです。

うやむや、むにゃむにゃ。

KICX2738.jpg

わいくちゃな、毎日。

皆様、いかがお過ごしですか?

私は、うやむや、むにゃむにゃ、どうにか先へ進んでおります。



早く温かい日々が続きますように。と祈るばかりです。



この大きな出来事に、頭が痺れっぱなしです。

冷え込み。

IMG_0979.jpg

東京、晴れ→曇り→雨→霙。

東北の寒さは半端なかろうと心が暗澹とするのと同時に、
この寒さが、原発を冷やしきれば良いのにとも思う。

ミネラルウォーターの買い占めがいっそう深刻になるのだろうなぁ。



明日から、東北道一般車両も含み、総ての車両が走行可能になるのだそうです。

思っていたよりも早く開通して本当に良かった。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110323_434690.html

東京タワーの半分だけ灯りが戻った。
なんじゃかんじゃいっても、私にとって東京の象徴は東京タワーである気がする。
半分灯りが戻っただけでも嬉しい。


時間がたってもまだ白昼夢の中にいるよう。

どこも節電。薄暗い繁華街。

目には優しい気がする‥‥。



手が、ぐーになったまま、歩く今日です。

本日は晴天、東京。

IMG_0959.jpg

昨日は晴天なり。東京。

いろいろな情報が錯綜しているものの、渋谷はわりと普通。所用をすませ、夕方にならないうちに帰宅。
JR山手線、大停電の可能性の発表があるやいなや、駅前はもの凄いことになったのを知りました。
間一髪の気分。

不足していた懐中電灯を発見。何軒か映画館チェク。しまってるところもあれば、
上映しているところもある。
この仕事、この先とても大きな困難が待ち受けているのだろうかと不安。

というか、もともと不安定だったので、同じことかと楽観することに決定。

まあ、負けないけどね。

あ、買い占めもしません。節電に努めます。


KICX2740.jpg

今日の添い寝。

咳が治まって来たので、もう少し眠ります。

今朝の朝は冷え込みが厳しいく、気管支炎大爆発。



仕事

KICX2782.jpg

繰り返し流される、北の映像にどんどん心が絶望的になっていってしまいます。

これでは、まだまだ動けるこちらが何もできないままやられてしまいます。

予定されていた撮影がキャンセルになったりしています。

まあ、そりゃそうだと思いながら、いろんな事を考えます。

うらうら、しながら。


瀬々敬久監督作品「アントキノイノチ」参加します。


衣装合わせへ。

あらためて、気仙沼の家族と連絡が取れました!

連絡が取れず、まったく消息がわからなかった、気仙沼の家族全員が無事と連絡が入りました。

避難所にはおらず、どなたか知合いの家に(場所がわかりません)身を寄せているようです。

とにかく、全員、生きていました。


ご心配くださった皆様、ありがとうございます。

まだまだ、被災の激しかった地域と連絡が取れず、辛い思いをされている方も多いと思います。
福島の原発の問題も大きく、このままでは、ますます被災地域への道が困難になってしまいます。
一刻も早いライフラインの普及を願います。

被災地の夜が少しでも温かくなりますよに、って昼もだ。

IMG_0954.jpg

近所に暮らす実家の母と弟に会う。
やはり、ホッとした。それぞれ独りで暮らしていて、不安そうである。

次に大きいのがきたら、家はつぶれると言っていた。
津波が来たら確実にのまれるだろうと言うことになり、大きめのビルの名前をあげあう。
懐中電灯売りきれ、小型ラジオもない。パン、米、売切れ,ガソリン売り切れ。
カップラーメン、トロロ昆布、売切れ。野菜はなんだかわりとあった印象。水筒が売れている様子。

それでも弟の家にも私の家にもこないのだそうだ、近いのに。
彼女は近隣の方々と待機児童や時間にわけてちびっ子を実家の近くの施設にて預かる仕事をしている。

こういう時にも子供を預けねば働かなければならない方々もいるだろうと思う。保育士さんや、おばちゃん達も家族があったりする。いろいろ、思案中なのだそうだ。

気仙沼、まだまだ連絡が取れません。
被災地の皆様、心からお悔やみを申し上げます。

ライフラインの確保まで挫けず、どうにか、どうにか、頑張ってください。

流される町を何度も何度もみて、出来事の大きさに、何もできない自分に苛立つ。
情報源をラジオに切り替える。

読み上げられる名前、安否確認をラジオで聴きながら、

避難バックを大きなリュックにすることに決め、あらためて荷物を詰め直した。

なんだよ、なんだよ、怒りながら、一生懸命に自分をなだめる。

月曜になれば、たくさんの人達が通常の仕事を始めるのだろうか。
原発はどうなるんだろうか‥‥。

近所で撮影隊を見かけた。
働いとった。自家発電か、その他の、できる限りの節電はしていると願いたい。



じりじりと、待つ。待つ。待つ。

被害の少なかった、コチラがへこたれている場合ではないのだ。

東北地方太平洋沖地震

東京の家族は皆無事でした。
妹が電車の中で立ち往生したもものの、徒歩や乗り合いで、
どうにかその日のうちに無事に帰宅しました。

気仙沼にも家族がいます。

何にもできないまま、ずっとテレビのニュース、ツイッター、現地へと何度も連絡を試みています。

気仙沼、高田、救済状況がわかりません。

情報が欲しいです。義父は気仙沼から高田へ独りで移動中でした。
高田は壊滅的です。携帯電話も持っていません。安否確認が一度は全員できましたが、どこの避難所にいるのか、その後、連絡が一切取れなくなり、避難先が孤立したりしているかなど詳細がわかりません。

昨夜、ホテル望洋らしきに、20名程度の方々が避難されていることをニュース確認しましたが、どなたがいらしたのかわかりません。なんで、もっと詳しく伝えてくれないのでしょうか。

遠くに暮らす、地域の出身者はどうにもできず、心配しています。

懸命に救助活動を着々と進んでいると願っています。
現地に入り懸命に救助作業、医療作業、どうか頑張ってください。

とにかく、もっと情報が欲しいです。現地の家族達と連絡をとりたいです。


どうか、早く、早く、助けてください。
hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。