スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種月 鑑賞、読書。

ファミリー・プロット [DVD]ファミリー・プロット [DVD]
(2004/07/07)
カレン・ブラック、ブルース・ダーン 他


フレンジー [DVD]フレンジー [DVD]
(2004/07/07)
ジョン・フィンチ、バリー・フォスター 他



三宅 唱 監督作品『やくたたず』Good For Nothing(2010)



ヒミズ 1 (ヤンマガKC)ヒミズ 全4巻 (ヤンマガKC)
(2001/07/13)
古谷 実



へうげもの(12) (モーニングKC)へうげもの 11~12  (モーニングKC)
(2011/03/23)
山田 芳裕


悪人悪人
(2007/04/06)
吉田 修一


スポンサーサイト

あさ。 

久しぶりの朝焼け。

シラケたような朝焼け。

とぼとぼ,お家に向かう。


眠い。

アイスも食べない。

でも、朝日は見かけると思う。

リハ。

IMG_1053.jpg

携帯電話の時刻表アプリ、大活躍の今日この頃。

路線図も好きだけど、時刻表も好きだという事に気がついた。

時刻表と睨めっこ、しながら目的地まで。

ホームで小走りしたら、汗かいた。つまり、今日は暑い日だったのか。


ゴジラのいる、某スタジオで、リハ。



ゴジラに別れを告げて、次の目的地へ。


全部終えて、帰宅。

お風呂に入って気がついた。

足の小指の先にデッカい血豆ができている。
出かけに焦って、何処かにぶつけた記憶はある。

あまりにもデッカい血豆で驚いた。


参加作品詳細は、後日。


デッカい血豆は潰した。
タラタラと赤い血が流れた。


本日は晴天なり、東京。

ゆらゆら、揺れてんじゃないよ、自分。



ってことで。


昨日は区議選の投票へ。



選挙いきましたか?

つまりさ。

楽しいふりとか、できないからさ、

心の底から笑いたいのさ、

バカみたいに笑いたいのさ、

いったい、いつ?


春の嵐。

雨がじゃんじゃん、降っている。
風がごーごー吹いている。
地面がゆらゆら揺れている。

ごごごごごっと、音がする。

ありとあらゆる闇が空を覆っていくようで、

弱い心が折れちゃいそうだ。


怖いよ。

おいおい。

いつまでも、ゆらゆら、揺れてんじゃないよ、日本!





乱暴ですんません。

100万回の明日へ

IMG_1044.jpg

憤懣やるかたない。


薄暗い東京をながめる。



日が暮れて、夜が明けて、明日が来るのに、気持ちは晴れない。

明けない夜は、ないはずなのに。

草木を眺め、季節の移ろいを眺める。
ああ、明日は来ていると思い直す。

たんたんと、枝を張り、葉をつけて、莟を膨らませ。
緑の葉を延ばす前、新芽の頃、真っ赤な新芽。
新しい息吹は「赤」から始まるのかぁ‥‥。



私の今日が、暮れていく。

読み忘れていた、キネ旬3月号を買う。
池田敏春 監督、追悼の記事を読みたかった。

洋子の追悼総特集、買う。
100万回だってよみがえるってのに、笑う。


佐野洋子〈追悼総特集〉 (文藝別冊)佐野洋子〈追悼総特集〉 (文藝別冊)
(2011/04/14)


明日が少しでも良い日でありますように。

演劇鑑賞「トップ・ガールズ」

@ Bunkamura

ブラリと。

良いです。

24日まで、チケットも完売の様子ですが当日券でているようです。

ガールズ・トーク炸裂。

観賞後もガールズ・トーク。

「Top Girls」 (SIS Company) の感想・チケット・詳細情報なら演劇ライフ

顔合わせ 本読み、衣装合わせ。

スタジオ。

電車乗り間違えて、目的地を過ぎる快速特急。

がっくし。

皆さんがお揃いの中へ滑り込む。

本読み。サクサク進む。まあ、今現在は‥‥‥。

前の組の衣装部にバッタリ再会、無事に撮影終了してバラシ中とのこと。
出来上がり楽しみ。

都議選終わって、区議選が始まっている。宣伝カーがぶいぶい走っている。

政治家って何でなりたいって思うんだろう。

「世のため、人のため」であって欲しいよな。
「世のため、人のため」ですよねぇ?ねぇ?



さて、がんばるけ。

いろんな日々。

モロモロバタバタ。

父方の実家が福島の塙にある。

もうそこには誰も暮らしていない。

先日も大きな余震が起こった。

役場から連絡が入り、「建物の損傷が大きくなっているので、至急どうにかしてください」とのこと。

至急どうにかします。

福島の家で過ごした時間がけっこう長く、
祖母が教師を努めていた常陸大子の高校のそばで保育園にも通っていたこともあった。
ひとりぼっち、縁側で、薄く暮れていく山間、家庭科の教師だった祖母が集めていた、いろんな色や形のボタンで遊んだり、人形の服を作ったり、山の絵を描いて過ごしていた。

曾祖母を残して祖母が先に亡くなるまで、夏休み、冬休みは毎年通っていたように思う。


おばあちゃんの家、私の力ではちゃんと残すことができなかった。

ごめんねなさい。


hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。