スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月不見月 DVD鑑賞、読書。

ビッグ・リバー [DVD]ビッグ・リバー [DVD]
(2006/12/22)


赤線地帯 [DVD]赤線地帯 [DVD]
(2008/08/22)


異人たちとの夏 [DVD]異人たちとの夏 [DVD]
(2001/08/25)


スポンサーサイト

金星 3

IMG_1381.jpg


うーと、むーとか、いいながらの日々が始まる。

軽井沢ロケ。

この企画、今年で6本目。
天候によるスケジュール変更、ロケ地変更初めての経験だそうです。



午前中はまだ少しましな感じ。

しかし、お部屋に置いてあった、コラーゲンしいたけ茶を、すすりながら待機。

IMG_1382.jpg


不測の事態にもまれる、金星組の詳細はまた後日!

ぱんだみたんだ。

IMG_1304.jpg

「ああ、リンリン、ランランだっけ?」

いやいや、それはリュウエン。

当時、テレビで中華レストランの宣伝してた双子のタレントの名前と、
一番最初に日本にやってきたパンダの名前を間違える人が多い。


大熊猫

観に行った。

最初にみたパンダ。
カンカンとランラン。
1972年の10月28日。私が4歳の時に、パンダが日本へやってきた。
上野動物園は大混雑で、パンダの行列は凄まじかったように記憶している。
拗ねたように後ろを向いたパンダの前を、すすすーーーと通りすがるように観ただけだった。

近くの猿山のニホンザルを、ボンヤリ眺めていた記憶の方が強い。

ゴールデンウイークも過ぎたからか、程よい感じの混み具合。
遠足の子供達がたくさん。幼稚園児、小学生、中学生、高校生。

あとは、ジジババ。上野動物園は、未就学児、60歳以上の方は入園無料なのだ。

パンダはただひたすら、竹を食んでいた。

両親に連れられて歩いた、あの頃を、淡く思い出したのだ。



私の気に入りは、布をかぶるのが大好きなゴリラの「ピーコ」

IMG_1331.jpg


関東梅雨入り。

IMG_1346.jpg

次の撮影も始まるので、斑にしていた髪を元の色というか、普通の色に。

仕事が決まっている間は、自分の身体が自分のモノではないように思うことがある。

打合せ。

いろいろ。いろいろ。どうなるのか楽しみ。

予定が立て込んできている気がするけど、気のせいだと思う。

鏡でボンヤリと自分の顔を眺める。
みとれるほどの私ではない事を、いやになるほど、よくよくわかっている。

これは大事な健康チェック。



くたびれたようすの、自分の顔。

出歩き過ぎているのだな。


おれ、ヨレヨレしている場合ではない。

パンダ観たし、頑張る。
 

ひーはー。

IMG_1286.jpg

出歩く毎日。






すこしゆっくりといきつぎをしたい。



ふかく。




ふぅ。



金星2

IMG_1274.jpg

気圧不安定。

余震で目が覚める。

もの凄い、暑い。

リハ、最終日。

話したり、走ったり、追っかけっこしたり、話したり。

折り紙したり。

学校うっつーところはさ、何でも揃っているんだ。

なんとも恵まれた環境よなぁ。

頑張れ、2年生。

おいらも頑張る。


トリウッドスタジオプロジェクト、
トリウッド&東京ビジュアルアーツ 共同企画 第六弾「金星(仮)」

始まっています。

私も参加させて頂く事になりました。

トリウッドのHPから~。

このプロジェクトの趣旨は「学生による商業映画の製作」です。
優秀な学生の映画を公開することが目的ではありません。「商業映画」つまり、「お金を払って観てもらう映画」の製作と公開を通して、「才能」の発掘ではなく、「覚悟」の確立を狙うものです。


オールスタッフにキャスト陣も参加。
エグゼグティブプロデューサーである学校長 橋本邦比兒氏のご挨拶。(主に生徒へ向けてのね)
もともとは「東京写真専門学校」という名前だったのですよ。
今ではいろんな専科があるようです。深川栄洋監督はこちらのご出身だそうです。
ちなみに、大阪ビジュアルアーツの学校長は河瀬監督作品「殯の森」のプロデューサの一人でもある写真家の百々俊二氏。

あ、私は入学の斡旋をしているわけではありません。
いろんな人が、いろんなところで学んでいるのだなと興味津々なのです。

さてさて、私も覚悟したいと思います。
さて、覚悟とはいったいなんなのか。ソコが重要かと思うのですが。

トリウッドの大槻氏、前日のリハにフラフラ~っと現れ、フラフラ~‥‥と。

私がマミレル、若干24歳の早川“監督”‥‥。

「金星(仮)」 公式ブログ Twitter

ショートフィルム・シアター トリウッド
東京ビジュアルアーツ

ひと雨。

もの凄く、涼しくなった。

気圧の不安定に、身体がダルいよ。

台本届く。

読む。

別の読みたい本が、なかなか、進まない。

未来を見つめている若い人達にであうと、ふと思う。
私もまだまだ人生の、ただ中にいて、まだまだ未来を見つめて行かなければならないのだなと。
昔と少し違うのは、たまに、それが、たまらなく、重く苦しく思えることがあるってこと。

ああ、弱音。

映画鑑賞5月。

「ブラックスワン」



大映映画なわけでだわね。

金星 1

IMG_1249.jpg

夏はつけ麺なのですか‥‥‥?

次の撮影のリハ本読み。

若い監督。
ご苦労かけないように頑張りたい。

梅雨も来てないのに夏のような日差し。
すでに、うっすら日焼けの手足。マズいだろ‥‥‥。
すぐにコンガリするので、年がら年中長袖。

気を使っている風ですが、
うっかり、帽子もかぶらず。
目覚めて直ぐパジャマのままで植木の花摘みをしたりしてしまう。
ここのところ、毎日。

いかんのぅ。でも日焼けとか気にするの、ウザイのぅ。
日焼け止め塗ると肌が荒れるよぅ。



ばらばら撒いた、向日葵の目がたくさん出てきて嬉しい。

都会を離れて暮らしたい。
実は私、ターシャ・テューダーのように暮らしたい。

と、たまに思う。

まあ、山を買うお金はないので、無理だけど。

せめて花のタネをポケットにしのばせて歩こうか。
いまなら、きっと菜の花のタネがいいな。

IMG_1248.jpg IMG_1243.jpg

猫の額ほどの私の世界。
されど,世界。愛しい世界。

いや、この小さな芽の中には、宇宙のすべてが詰まっているのだぜ。
目に見えないミクロの中にも宇宙は広がっているはずだ。
などと、うすらボンヤリと、頭ん中を、世界から宇宙へと広げてみたりする。

なんて、間中、日向に佇んでっからコンガリしてんじゃん。

気がふれてきているのか、大丈夫か?
オレ。

本日のアイス。

いちご、チョコチップ。

新しい、現場。

ハリキッテ、いきまっしょ。

ゆうやけとあさやけ。

夕方と朝方、

日の入りと、日の出の時間。




胸が苦しい。



あ、満月か。
なんだよ、アチキは唯の獣だな。
hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。