スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中野量太監督作品「チチを撮りに」



SKIP シティ国際Dシネマ映画祭2012
2012年7月14日〜22日

中野量太監督作品「チチを撮りに」上映決定しました。

7.15(日) 14:00〜
7.18 (水) 17:30〜

2004年より 開催されていますこの映画祭は
「進化しつづけるデジタルによる表現の可能性とエンターテインメント性
世界各国から集う新しい才能に出会える映画祭」
を主旨として世界からも注目をされています。

渡辺は、元気なお母さん役での、参加です!!

是非ご来場くださいませ!!

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 2012
スポンサーサイト

いきるふあん。

はっきりしないふあん。


めがさめたとき、


あした、ちゃんとせかいがあるのだろうか、というふあん。


大事に暮らしてきた毎日から、引き離されたりすることが、あるのかもしれないという、ふあん。


ならんで歩いている人の、手をぎゅっと握りながら思う。
たくさんの人の中から、私を見つけてくれた、友人を抱きしめながら思う。

大丈夫だよ、頑張ろう。といえる、ぐらいのこの世を生きたい。


試写「赤い季節」

0号試写@イマジカ
滑り込みセーフで拝見。
男のロマンが詰め込まれております。
是非、劇場で!!

映画 『赤い季節』
監督・脚本:能野哲彦 

出演:新井浩文、村上淳、新居延遼明(爆弾ジョニー)、田口トモロヲ、
   永瀬正敏、泉谷しげる、風吹ジュン
音楽:SNAKE ON THE BEACH(チバユウスケ)
配給・宣伝:日活  
(C)2012「赤い季節」製作委員会

渡辺も、ブラブラ参加しております。

10/13(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか 全国順次公開!★

“SNAKE ON THE BEACH”公式HP


▼チバユウスケ初のソロプロジェクト“SNAKE ON THE BEACH”
2010年夏、The Birthdayのツアー終了時の活動が緩やかになった期間を使い、チバユウスケ自身の中で溜まっていた楽曲の素材を録り貯めていく作業を開始する。以降、The Birthdayでのスタジオワーク、ライブ活動の隙間を使って少しずつ録音・編集を繰り返し、その曲数は20曲を越え、名義を“SNAKE ON THE BEACH”とする。2012年に入り、録音は終了。現在ミックス作業を行っており、2012年秋にアルバムをリリース予定。

本日の三姉妹。

シネマトゥデイさんにて、

三姉妹のインタビューが掲載されております。


☆ 実力派女優たちがすっぴんで熱演! 震災直後の気仙沼で撮影されたむき出しのドラマ

マスコミ試写、終了しました。

本日、試写最終日。

ご挨拶に。

小林監督と、合流。

満席となりまして、本当に身の竦む思いと、ありがとうございますの、間でゆらゆらしておりました。

公開まで、あと少し。

その頃には、蝉が鳴いていることと思います。

からだ、調整日。

IMG_3542.jpg

久しぶりのトレーニング。
まあ、トレーニングにならず、ガチガチに固まっていた身体をみてもらう。
先生がため息をついていた。

いやいや、知っちゃぁ、いたんですけどね。


深呼吸して、伸びをして。


美しい夕焼け。

夕焼けみながら、野菜をコロコロに切って、イタリアン・マリネを作る。

昨日、コロッケの話をしたので、コロッケが食べたくなった。
お肉屋さんのコロッケが食べたい。
だけど、お肉屋さんが近所に無い。揚げたてのコロッケが食べれない。
歩いて5分ぐらいの所に揚げたてのコロッケとか、唐揚げとか売っているような、
昔ながらのお店があればいいのに。


ちぇっ。

ゆっくりとくれていくきょう。

明日の朝はきっとマリネのサンドウィッチ。

うちあがりましたの。

IMG_3544.jpg

先日まで、撮影しておりましたドラマ、打上りましたの。

詳細は、まだまだ先のお披露目となりますが、無事に打上りました。

2次会は、やはりカラオケです。

思いがけぬ人が、思いがけぬ歌を歌い、思いがけず上手くて、
何だかちょっとカッコ良く思っちゃったりして、
でも、キミ、現場でカッコ良く見えなくてどうするのさ。
でも、きっと、そんなキミ、
きっといつか現場でカッコ良くなるんだろうなと、思えないこともないです。
(※ 注意!写真の方のコトではありません)


よく歌って、笑って、話して、呑みました。

お疲れさまでした、ありがとうございました、またいつの日か。

という日。

家に着く頃には、世界は薄白くなっていました。

さようなら、きのう。

取材日。

IMG_3543.jpg


「ギリギリの女たち」取材日。

公開まで、1ヶ月。

脱線しがちな私の喋りではありますが、どうか作品が一人でも多くの方と出会えますようにと願いながら、精一杯でお話をさせていいただいています。

取材して頂く際に、インタビュアの皆様が、とても丁寧に作品を観てくださっていて、本当に嬉しい限りです。

今日は、小林監督の取材日です。

明日で、試写は終わります。後は、いっきに劇場へ。


小林政広監督作品ギリギリの女たち
渋谷ユーロスペース、シネリーブ梅田にて、2012年7月28日 いよいよ公開です。


どうか、皆様、劇場へおこしくださいませ。

ドキュメンタリー鑑賞「-優-」

120301_1.jpeg

-優-
監督・撮影:北條美穂 
監修:河瀨直美
共同製作:社団法人 日本ケーブルテレビ連盟 + 組画
協力:気仙沼ケーブルネットワーク(株)、宮城ケーブルテレビ(株)
   三陸ブロードネット(株)

東日本大震災ドキュメンタリー番組
全国61局のケーブルテレビにて放映された後、
6月以降は全国各地にて上映会を予定をされているのだそうです。

あたたく強い力を貰ったように思います。

たくさんの方々が観てくれるといいなぁと思います。
放映は一段落してしまったようですが、機会がありましたら是非。

「I’m Almost Not Crazy」

トーク前に、「ラブストリームス」のメイキング「I’m Almost Not Crazy」を皆様と鑑賞。
その後、トーク。
カサヴェデス作品の周辺をうらうら。

諏訪監督も私も、とても、よく喋った。

そのご、「M/OTHER」のメイキング(萩生田監督作品なんです)を皆様と鑑賞。

なんとも、皆、若い。

現場での私は、棒キレみたいに突っ立っていた。
でも、なんだか、ひたすらに一生懸命に。

あそこから、先へは進んできたけれど、ちゃんと一生懸命に生きているのかなと、今の自分を考える。

カサヴェデスが語っていた言葉が、心に染みわたってしまっている。
映画に関わるのであれば、きっと影響されないでいるのは難しい。
私はカサヴェデスという人の生き方がとても好き。
松田広子さんが、「映画が人生に直結している人」と言っていた。
だから、好きなんだなぁと、また改めて思う。


ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました。
楽しんでいただけましたなら、幸いです。
諏訪監督のお話はいつも楽しい。ご一緒できて嬉しかった。

この機会を頂いた、西荻窪 COFFEE&EAT INN toki のサトウさん、ありがとうございました。
ながながと、おしゃべりしてすんません。

次の日、皆さんが月曜日だってのを、まったく無視して喋りまくってしまった。
反省しています。

すんません。


6.jpeg

「M/OTHER」コンビの渡辺真起子&諏訪敦彦、カサベテスを語り尽くす - フォトギャラリー2 : 映画ニュース - 映画.com

hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。