FC2ブログ

活字の渡辺真起子。

ほら、自分で俳優だって言うのて、なんだかさ、憚られるじゃん。

役者です、でも、女優です、でも、なんでもいいんだけどさ。

「え〜、誰?知らね〜」って。

でもさ、宣言するのは自由じゃん。だってそうなんだもん。

そしてさ、知ってもらいたいなと、思うじゃん。

ちょっとだけ、私のこと。

「映画芸術」最新号(440号)7月30日、本日発売です。

440.jpeg


私にとって、思い入れの強いインタビューとなりました。
再びはない時間を感じながら、お話をさせて頂きました。

お近くの書店にて、是非お買求めください。

「映画芸術ダイアリー」公式サイト

フリーペーパー「しごととわたし」
配布がはじまっております。
若い男子女子、たった3人での手作りの読み物。
三人が、いま出来ること総てを使って、思ったように作っています。

配布先の詳細は公式サイトにて、お確かめください。
ユーロスペースにもございます。

「しごととわたし」公式サイト

私の仕事について。
まとめられた自分の言葉とポートレートと共に、自分は俳優である、あった、あるのか?
ふたつのインタビューを通して、小さな声で、私。「わたしのしごとは俳優です」
というの、ちょこっとでも受け止めてもらえたような、特別な作品になりました。


立ち読み禁止です。

いささか、大袈裟ではありますが。
今年の夏のインタビューや、「ギリギリの女たち」は、演じ手としての自分が、良いも悪いも、満ちるも、足りない何かも、強いも弱いも、なんもかんも全部を、ずいぶん曝しだしてしまっているような気持ちでいます。まあ、いつもなのかもしれませんが、何だか、この度は、特に強くそう思っているという感じでいる今日この頃です。だから、いまでも毎日、恥ずかしさに塗れていて、いまだ心が痛痒いです。
まあ、これも、いつものことで、本当に大袈裟だと思いますが。

細々とした私の俳優人生において、このような機会は多くないことと思います。

劇的で、エンターテイメントに語られる四方山話があるわけでもありませんし、
何をするにもノタノタしています。
ライター、記者、編集の皆様には、いつもお手間をおかけして本当に面目ないです。

それでも、この機会に、「俳優の渡辺真起子などについて」ご興味をもっていただけましたら、
幸いに存じます。

繰り返しますが、立ち読みは禁止です。

映画も、是非とも、映画館にてご覧いただけますことを、心から願っております。


そして、これにて、

日々の徒然、夏休みを頂きます。


※ 出演情報などは引き続き更新させて頂きます。乞うご期待です。



それでは、皆様、ごきげんよう!


猛暑、熱中症などにくれぐれもお気をつけください。




活字の渡辺真起子、また、いつの日か!


ま。

公開、はじまりました。

本日は、お暑い中を劇場へと、お足をお運び頂きました皆様、本当にありがとうございました。

おかげさまで「ギリギリのおんなたち」無事に公開初日を迎えることができました。

夏休みで、オリンピックで、フジロックで、ダークナイトだったりとか。

いろんなことがありますが、

ここから、また新しい時間が始まります。

この日というのは、やはり緊張します。今日は首の筋がおかしくなっています。


静かにゆっくり、眠りこけたいです。

みつめる。

帰りの駅。



目の不自由な方が自動改札機で手間取っていた。

外国の青年が一生懸命に手助けしようとしているのだけど、上手くいかない。

声をかけられて、とても戸惑っていた。言葉の問題か‥‥‥。

その光景を何人もの人が、どうしたらいいいか考えていた瞬間、

一番そばにいた日本人の青年がすっと声をかけた。



とても、すっ、と。



多くの人が、とても繊細な距離で見守っていた。

事なきを得て、みんな自分の向かう方へ、また、すっと戻っていった。

何事も無かったように。

ベビーピンクのセーターを着た金色の髪の青年。

うまく伝えられないけど、自分のできる事を一生懸命に考えていた。

手助けしたいのに、うまくいかず、でも諦めず。

拒絶されて、挫けるかと思ったら、了解して他の方に託し、

困っていた本人が納得する事をキチンと見届けていた。



なんだか、両青年、すごく素敵だった。



頼りをみつけた彼が、差し伸べられた手をギュっとにぎって、受け止めた人がギュっとにぎり返した瞬間、

私まで何かとても大きな頼りを見つけたように思った。

良かった。

たった、3分間ぐらいの出来事。



って、私も何、しげしげ観察してんだか。

いやいや、私にもできる事があるかと考えていたんです。

スマートな二人の青年のおかげで出番はありませんでしたが。

素直に優しい男の人、みたなぁ。

いよいよ。

256556_322492834510457_316471463_o.jpeg

★東京ユーロスペース  初日舞台挨拶
 日時:7月28日(土)上映前(21:00~)
 場所:ユーロスペース
 登壇者(予定):小林政広監督、渡辺真起子、中村優子、藤真美穂

★「ギリギリの女たち」 シネ・リーブル梅田
  7月28日(土)よりレイトショー ※7/28(土)~8/3(金)は21:00より一回上映
  8月04日(土)20:50の回 (上映前)小林政広監督の舞台挨拶があります!

皆々様の、ご来場を心よりお待ちしております!

本日の発売の(掲載情報)

本日27日発売の「産経新聞」「サンケイエクスプレス」

インタビューが掲載されました!

お、おっきい!

お近くのコンビニ、キヨスクで発売中です!!

写真の撮られ方、少々、考えます。

また、面白い髪型になってます。

かき氷。

子供の頃に、曾祖母と過ごした夏休み。

「まきちゃ〜ん、氷食べようか?頼んできてよ」

玄関を飛び出し、道に出て床屋さんの角を右に曲がって、
本屋さんの隣にある喫茶店のようなお店へお使いへいく。

「すみませ〜ん、氷2つお願いしま〜す。ミルクとレモン」

出来上がった氷はお盆に乗せられ出前されてくる。

「おばあちゃんの家は凄いな〜、かき氷の出前ができるんだ〜」
と思っていたけど、つまり小さな町で何でもかんでも、わりと近所にあって、高齢者の家だったわけだし、氷の溶けない距離だったんだと思う。

レモンは曾祖母、ミルクは私。

曾祖母は小さな子供にはブラックジョークが効き過ぎているような人で、いつも少し怖かった。

縁側で、足をブラブラさせながら、曾祖母と食べるかき氷。

ちょっと怖い曾祖母が、実はとても優しい人なんじゃないかと、思えるひと時でもありました。
って、食べ物に釣られているようだけど、だって、ちびっ子ですから、そこは。

そのうち、かき氷を家で作るオモチャのような道具が発売されて、曾祖母の家でも、東京の家でも自分たちで作るようになったんだけど、やっぱり大きな刃で削りだされる氷のフワフワ感にはかなわない。

縁側で、ゴロゴロしながら山ばかりみていた。
友達もいない父の実家で、何もすることもなく、眺めた山を絵に描いたり、本を漫画を読んだり、大きな家中の箪笥の引き出し、いや、開けられるところを、離れの物置の中まで全部、開けてみたり。縫い物したり工作したり。
テレビは朝ご飯の時に、NHKの朝のドラマを曾祖母と仕事に出かける前の祖母と三人で観ていたぐらいの記憶しかない。

夏休みの記憶は、ひとりぼっちで遊んでいた、その頃の記憶ばかり強く残っている。

IMG_3738.jpg

ふわふわしたかき氷が食べたくて、近所のお団子屋さんへ。
かき氷らしい値段の、町のお団子屋さん。
なくならないといいなぁ。

わざわざ出向いてくれた、友達とぶらぶらと、お散歩。
また、汗だくになったので、今度はたい焼き屋でかき氷。

おなか、冷えるね。
今日なら、大丈夫だよ。

あれ、どうなった?
どうにもなってないよ。

そう。

何でもない時間を、ぶらぶらと。


夏休みを思い出しながら歩いた。

試写「日本の悲劇」

N0040429.jpeg

小林政広監督の「ギリギリの女たち」後、
公開を控えています新作!(時期は未定)「日本の悲劇」拝見。


凄い。

あさがえりしちゃた。

ぎゅうっと、痛む心を、ぎゅうっと、握りしめたまま。

いっそ、ぎゅうっと、ぎゅうっと、握りしめて、自分でにぎり潰してしまいたい。



ぺろんぺろんです。

やりましたね、中野量太監督!!

fb_04.png

中野量太監督作品「チチを撮りに」
SKIPシティ国際 Dシネマ映画祭にて、

監督賞とSKIPシティアワードW受賞しました!

これにて、劇場公開決定です!!皆様、お楽しみに!


三人会、再び。

IMG_3705.jpg

大島葉子さんと、中村優子君とデラデラ。

三人会三人飯は、按田餃子 @代々木上原。

久しぶりの集合。

最近のアタイ、キクラゲをふんだんに使っている、こちらの水餃子がお気に入りです。

まもなく臨月を迎える優子君は今日もピカピカです。


28日は三女の藤真君と、小林監督と勢揃いで初日のご挨拶をさせて頂きます。

ふむ。「3』と言う数は、面白い安定感がある様に思える。

別日、マネジャ、ふじもっちゃんと夏の催しの為の打合せ。
催しのための算段をささやかに楽しんでる。
初めてのことだし、アイディアが、もわもわっと広がる。

じっとしていると、ふさぎ込んでしまいそうな、曇天。

だいぶ前に体幹を鍛えようと買い込んだフラフープをやってみた。
ちぇ、難しいね。
夏が終わる頃には、3本ぐらい同時に舞わせるようになりたりもんだ。

ウカウカした夏の始まり。の私。

IMG_3618.jpg

虫刺されと日焼けに気をつけたいです。

7月28日、土曜日。
渋谷ユーロスペースにて初日を迎えます
「ギリギリの女たち」
どうぞ劇場へいらしてください。
hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
Translation


FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
Recent Entries
Recent Comments