スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gogo makimaki → gogo nabemaki。

blog お引越しです。


gogo nabemaki


まだまだ、フナレですが、これからも、ウラウラ、お寄りください。


いやー、新年に間に合わなかったんですよー‥‥。半年も‥‥‥。

wordpress 難しいんだもの‥‥‥‥‥‥。

では!
スポンサーサイト

あめ、あめ、あめ。

IMG_0990.jpg

例年になく早い梅雨入りのニュース。

紫陽花がいろんな色、いろんなところで、咲いている。

近年、種類も増えてる。

紫陽花は丈夫で、切り花で買ったものを根付けしたりできるのよ、と母。

母が午前中から作り込んだカレーを一緒に食べた。

本日の甘味、あんみつ。
大満足の様子に、私が満足。

やりたいことを、やる。
ために、やりたいことをみつける。

のだそうです。

ここのところ会うたびに同じ宣言をしていて、面白いなぁと思う。



ぐずついているのは、お天気ばかりではないような日々。

そんな日は、黙々と歩く。

もくもく、もくもく、もくもく。

てくてく、てくてく、てくてく。



答えはでないけれど、やまない雨は無いと思うことにする。



吉祥寺で逢いましょう。


fb_04_20130216102409.png

中野量太監督作品、「チチを撮りに」再上映のおしらせです。


【緊急公開決定!!】

『チチを撮りに』が東京・吉祥寺バウスシアターにて 6月8日(土)より

1週間限定での公開が決定しました!!

関東での公開時にお見逃しの方はぜひこの機会に、是非ご鑑賞ください!

---------------------------------------------------------------------
■劇場:吉祥寺バウスシアター http://www.baustheater.com/
■期間:6月8日(土)~14日(金) ※1週間限定!

※時間など詳細は劇場までお問合せください。

わたしのこどくと、わたしのじゆう、あい。

ムスタキをしっていますか?

2010年の夏。
劇中にこの曲を口ずさむことになり、練習しました。
自分の中にある孤独を恋人のように語る、私の孤独/ Ma Solitude という歌でした。
とても素敵な歌なのに‥‥‥‥。
冷汗をかきっぱなしのままでした‥‥。

1995年には「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」の審査委員長だったのですよ。

ご冥福をお祈り申し上げます。





そして。

演劇鑑賞「いやむしろわすれて草」

5月の残り。

小さい頃、いつか思ったことがある。

私が死んだら、どうぞ忘れてください。
お墓もいらないし、誰の記憶にも残らなくていいって。

それは、忘れられない誰かと出会ってしまって、忘れられなくて苦しかったからもしれないし、
私のことを忘れないでという、
世界からこぼれ落ちるような瞬間を見つけてしまったからなのかもしれない。
忘れないでと思うのは、おっきく、悲しすぎて、言葉として置く事さえ恐ろしかった。
とにかく、いまいる、私を信じる事ができなかった時だったように思う。
小さい頃というのは、悲しい別ればかりを想像して、お布団の中で泣いてみたりするものなんだろうけど。

未来というのは今のいま、過ぎ去っていくんだな、なんてわかったように生きている今でも、
もうすっかり子供じゃない今でも、忘れないでと思いながら、忘れてくれてもいいよと、思ったりする。
そして、あなたのことを忘れないわと思ったり、
うっかり忘れてしまっていることに気がついて驚いて、思い出した事にホッとしたりする。
本当に忘れてしまうこともある。

いつまでたっても、忘れないでねと、忘れていいよを、ぶらぶらしたりする。

芝居を観て。何かそういう、もやもやっとした寂しさを、自分中に見つけてしまい息苦しくなった。

人が命を精一杯に生きているというのに、ぐっときてしまう。
そんなことに出会ったことは忘れられないだろうと強く思う今日この頃なのです。

青山円劇カウンシル♯6 ~breath~ 『いやむしろわすれて草』公式サイトより。

忘れな草という草があって、

私を忘れないでほしいという草だときいた、

だけど忘れてもいいよと思うときもあって、

むしろ忘れてくれた方が気が楽だ、と思っているときもある。

私のことなんか忘れてくれた方が気が楽だと、そう思いながら。

涙も出ない人たちの、ありふれた不幸の、ありふれた幸せの物語。

6月8日、新宿K'S シネマにて、男と女。

ゆうばりから、世界へ?

6月8日より、新宿K'S シネマにて、男と女。
レイトショー公開です!

バナナVSピーチ☆フェス in 新宿。

8人の監督達のカラフルな男と女。

梅雨を迎えるこの時期に、会社の帰りなんかに、ぶらっとお寄り頂けましたら。

ああ、私だけじゃないんだというような、男や女に出会えるかもしれません。

ぜひ、ご来場下さいませ。


初日、舞台挨拶に参加します。


公式サイトもできました。

バナナVSピーチ


熊谷監督の予告編も、できました。

街が消えていくような夜。
世界は新宿の路地の奥に広がっているのかもしれない。

あぶらうってます。

IMG_0969.jpg

夏のお芝居。

東京芸術劇場 主催 

Roots Vol.1 「ストリッパー物語」

チケット、一般発売にの前に、WEBでの先行発売が始まっています。

小さな劇場です。

どうぞ、お早めにお席の確保を‥‥‥お願い申し上げます。


詳細 → 東京芸術劇場

「しごととわたし」展

IMG_0935.jpg


『 しごととわたしたち展 』1周年の記念展示開催中。

渡辺真起子の「しごととわたし」は第4号でした。

原宿のロケットさんでの初「しごととわたし」展の時には、「渡辺真起子」を展示するという、面白い体験をさせて頂きました。その場所で、母と最初で最後?のトークショーなんて、してしまったのですよ。

そして、あっというまに1周年。
12ヶ月、12人の女性の様々な「しごととわたし」
どうぞ、ぶらりと覗いていってください。

編集・梶山ひろみ さん
hiromikajiyama.tumblr.com

デザイン・柏岡一樹 さん
hallelujah-d.com

写真・岩本良介 さん
ryosukeiwamoto.com

『しごととわたし』展
会 期::2013年5月10日(金)〜 5月24日(金)
開廊時間:(平日)11:00〜19:00(土)11:00〜17:00(日・祝日)休み
場 所: ギャラリー山陽堂
お問い合わせ先:〒107-0061 東京都港区北青山3-5-22 山陽堂書店 (T:03-3401-1309)

ことりのこえとやおん。

IMG_0945.jpg


大橋トリオのライブ。

日比谷野音。

おおお。いいいね。

新しいアルバムのテーマは "ROCK" だもんね。

音楽はいいなぁ。

ふと気がついたら、横に大橋くんのお父さんがいました。

あのギターはオレのをあげたんだって。
照れくさそうに、ボソッと。

嬉しそうに。

IMG_0949.jpg



ゆっくりと歩く、大橋トリオってのがいいなぁと思う。
伊澤一葉さん、長岡亮介さん、神谷洵平さん、みんなかっこう良かった。
全身を使って音になる人たち。

久しぶりの野外大音楽堂を楽しんだ。

ああ、楽しいと思ったら、
ジャジャーンとギターをかき鳴らしたり、ババーンと鍵盤を叩きたい気分になった。

家に帰っても、あるのは中南米のお土産屋さんで買ってきたと思われる、
鳥なんだか何だか良くわからない動物の形をしたオカリナ?の様な?


ポーーーーーーーーーーッ。


まあ、悪くない。

私だって、音のような、なんか、そんなような、目に見えたり、触れたりしない、なんか、でもわかるというような、ソレになりたい、とおもう時がある。


ポーッ。


IMG_0953_20130521031434.jpg



plugged  (ALBUM+DVD)plugged (ALBUM+DVD)
(2013/03/13)
大橋トリオ
hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。