スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第25回 釜山国際映画祭。

default.png

この度は、参加作品二作品が、10/4〜13日まで釜山にて開催されます、

第25回 釜山国際映画祭 にてワールドプレミアを迎えます。

Wide Angle ドキュメンタリー部門 コンペティション
小谷忠相監督 ドキュメンタリー作品「100万回生きたねこ」
作家の佐野洋子さんの「100万回生きたねこ」と佐野さんの最後の声、深く心に残ります。
日本での公開は、本年12月シアターイメージファオーラムから!

A Window on Asian Cinema 部門 コンペティション
内田伸輝監督作品「おだやかな日常」
「ふゆの獣」の内田監督の最新作品です。たった今のこの日本の暮らし。
ある風景を辛辣に描いています。
映画祭での上映日は5日、7日、12日。お近くにお寄りの際は是非、お寄りくださいませ。
日本での公開は12月22日(土)より、渋谷ユーロスペース、大阪シネヌーヴォ から!!
「おだやかな日常」公式Twitter

A Window on Asian Cinema 部門にはたくさんの日本映画が招待をされています。
小林政広監督作品「日本の悲劇」、ヤン・ヨンヒ監督作品「かぞくのくに」、
船橋淳監督作品「コールドブルーム」園子温監督作品「希望の国」、黒沢清監督作品「贖罪」

Wide Angle 部門 ドキュメンタリー ・ショーケース には
河瀬直美監督「塵」!!

New Currents 部門には
鶴岡慧子監督作品「くじらのまち」なんと、23歳の若い才能です。

若松孝二監督最新作「千年の愉楽」が、本年度の映画人賞を受賞されています!!
『海燕ホテル・ブルー』『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』『千年の愉楽』
と特集上映があります。

その他にもたくさんの作品が上映されます、日本では公開されない作品も数多くあるかと思います。

お近くにお寄りの際は、是非、映画祭へ!
関連記事

Trackback

Trackback URL
http://gogomakimaki.blog73.fc2.com/tb.php/1562-438a00e9

Comment

Comment Form
公開設定

hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。