スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CIRCOLO DEGLI ARTISTI

KICX1561.jpg

公式昼食会。

絶対参加。正直に言うと眠い。
ボンヤリした頭で、前日に通りかかった会場の窓中から見えていた巨大なシャンデリアのことを考える。

ちょっと気が滅入る。貴族的な雰囲気なんて私には大袈裟で、ぜんぜん好きになれない。
とかもやもや考える。

渡辺さんがホテルまで迎えにきてくれる。

プロデューサーもさすがにジャケット着用している。
私だって、ブツブツいいながらも、何着もイブニングドレスやら、いろいろ用意していたりするのですのよ、これでも。ファッションで主張したい考えもないので、ドレスコードに外れない程度に。

昼食会なので、私もジャケット着用。最近気に入ってる。

洋服の纏い方は生き方なのだよ。思想なのだよ。と誰かが言ったとか、言わなかったとか。

羊達の沈黙で、レクターが対峙する女性の背景をファッションから見事に言い当てていたのを、いつも思いだしぞっとする。

なんて、恐怖映画な事にまで思いを巡らせたわけではありません。
書きながら思い出しただけです。


話は戻ります。


さて、会場に到着して驚いた。

CIRCOLO DEGLI ARTISTI = 芸術家達のサークル

芸術家の会、みたいな事なのかな。
KICX1564.jpgKICX1565.jpgKICX1552.jpg

エントランス。こんなですわ。

入り口に近い大広間では、審査委員達が記者会見をしていました。
外から見えていたのはこの大広間のシャンデリア。
ものすごい大きさです。


KICX1556.jpg


奥に続く部屋はこんな感じ。まだ奥にサロンがありました。
中世の建物にカルテル‥‥‥。

もう、想像を遥かに超えてカッコウよいです。

KICX1570.jpg
 
KICX1574.jpg


普段は、比較的カジュアルに門が開いているそうで、芸術のための催しがあったり、朗読会を開催したりしているのだそうです。

古典とかやっちゃうの?こんな所でそんな事できるの‥‥‥。

食事はイタリア的にはおやつ?と言っても過言がないほどの軽食でしたが、美味しかったです。
ビュッへスタイルが苦手なので、適当にもぐもぐして、デザート食べました。

そして振り返ったら、

シャーロット・ランプリングさんが食事していました。

ダメ押し受けたみたいに驚いて、気絶しそうになりました。

いろいろな方々がいらっしゃっていたのだろうと思うのですが、よくわからず。
審査委員の方々の姿も見える。なんとなく挨拶したりして‥‥。

豪華な歴史的建物に感動して、カルテルの椅子に馴染ませてもらって、人観察して。
迫力満点なランチ。
イタリアってのはこういう所なんだなぁと興味津々。

午後から、映画観みます。

あ、午後には「TORSO」上映がるのです。


KICX1566.jpgKICX1573.jpgKICX1583.jpg

関連記事

Trackback

Trackback URL
http://gogomakimaki.blog73.fc2.com/tb.php/563-8974747f

Comment

Comment Form
公開設定

hello!

watanabe makiko

Author:
俳優・渡辺真起子

旧ブログサイトです。
新しいブログはコチラ→
go go nabemaki
公式サイト「渡辺真起子.com
watanabemakiko.com

calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Welcome
Categories & Monthly
 
Search
T & M & F
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FOnt size
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Link
このブログをリンクに追加する
check
Recent Entries
Recent Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。